すぐにべたつく頭皮の解消法

男の髪、洗ったばかりなのにべたつくのはなぜ?

 

よくあるのが、洗ったばかりなのに、頭皮のべたつきがとれていないことがよくあります。
これは洗い方のせいなのかと、ごしごし洗って綺麗にしたつもりでも、頭皮のべたつきが解消しないのは何故でしょうか。

 

シャンプー

 

この件についてもっとも多いのが、汚れを完全に落としきれていないことです。
頭がスースーするくらい綺麗にしたつもりでも綺麗になっていないというのはどういったことでしょうか。

 

トニック・クール系のシャンプーにありがちなのですが、適当に洗っても、頭がスースーしてさっぱり感があるので、あたかも頭皮の汚れを綺麗にしたと思いがちになるのです。

 

しかし、実は頭皮の汚れを落とし切れていないというのがよくあります。

また、市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多いです。

それで表面上は綺麗になるのですが、頭皮そのものの皮脂を洗い落とせていないので、すぐに脂が出てべたついてしまうというわけです。

 

ですから、シャンプーなどは少し値段が高くなりますが、市販の安いシャンプーよりもノンシリコンやアミノ酸系のシャンプーのほうが洗浄力がマイルドで、頭皮にとっては優しいシャンプーです。

 

皮脂を全て取り除くことは反対に頭皮にとっては良いことではありません。
そのあたりもしっかりと認識して、適切なシャンプーを使うようにしましょう。

 

 

シャンプーを変えよう!

 

洗っても頭皮のべたつきが取れない、いつも脂で頭皮がぎらぎらしている・・これは体質だからしょうがないとあきらめている人も少なくないでしょう。

 

確かに体質もあるかもしれません。
体質的に皮膚のトラブルを抱えている人もいます。

 

しかし、多くの人は皮膚のトラブルよりも、シャンプーを変えるだけで頭皮のべたつきを改善することができるのです。

市販品の安いシャンプーは格安洗浄成分がたくさん含まれています。

 

これらは化学物質で、脂性にも薄毛に人にも良い影響を与えることはありません。
洗浄力が強いので皮脂を綺麗に取り除いてくれるので頭皮に良いのでは、と思われがちですが、そうではありません。

 

頭皮から皮脂を綺麗に取り除く必要はなく、皮脂自体は頭皮を守る役目があるのです。
皮脂を取り除いてしまっても、さらに皮脂は分泌されます。

 

場合によっては過剰分泌を誘引してしまうこともあるので、皮脂を適度に頭皮に残しておく必要があるのです。
その点、洗浄力の強い市販のシャンプーは頭皮の洗髪には向いてないと言えます。

 

ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系のシャンプーなど植物由来のシャンプーにすると、洗浄力も弱く、何よりも化学物質が含まれていないので、頭皮に優しく抜け毛などが起こりにくく、結果的に脂性を改善する効果も期待できるのです。

 

 

整髪料や育毛剤に原因がある場合も

 

頭皮がべたついていると、それだけで不快になるのですが、痒みも出てくる場合があります。
さらに、シャンプーで洗ったのに頭皮のベタベタ感が止まらないという人は、まずはシャンプーを変えてみることをオススメします。

 

こちらもご覧ください→育毛剤と使う際のシャンプー選び

 

それでも改善しないようでしたら、次に考えなくてはいけないのが、整髪料です。
整髪料には様々なタイプがあるのですが、刺激の強いものを好んで使っている人もすくなくありません。

 

メントールタイプなどは使えば使うほど頭皮がスースーして気持ちの良いものですが、頭皮にとっては刺激が強すぎてしまい、皮脂が取れてしまった場合は即座に新しい皮脂が分泌され、却って脂性を助長してしまうのです。

 

整髪料を使用した当初は、すっきりした清潔感を感じることができるのですが、それをある程度の時間がきたら綺麗に洗い流さないといけません。
それをしないでいるとすっきり感がベタベタ感に変わってしまうのです。

 

整髪料も汚れてしまいますから、それがベタベタ感の原因になるということを覚えておきましょう。
また、整髪料の問題と同じことが育毛剤にも言えます。効果があると思って必要以上頭皮に育毛剤を振りかけるのは控えなくてはいけません。

 

適量以上に使うことは避け、育毛剤と言えども使用してある程度の時間が経過したら綺麗に洗い流す習慣を作りましょう。

 

男性用人気No1脂性シャンプー