5α還元酵素とは?

5α還元酵素とは?薄毛との関係

 

5α還元酵素は、ステロイドの代謝に作用する酵素の一つで、5αリダクターゼとも呼ばれています。

 

5α還元酵素は、男性ホルモンであるテストステロンと結びつくことが多い物質なのです。

 

そのため、抜け毛の原因となるジヒドロステロン(DHT)を生成させてしまいます。

 

5α還元酵素にはT型とU型があることが知られています。

 

それぞれT型5α還元酵素、U型5α還元酵素と呼ばれているのです。

 

AGAにおけるT型5α還元酵素は、側頭部と後頭部の乳頭細胞で多く作用しています。

 

一方の、U型5α還元酵素は前頭部および頭頂部の頭皮の毛乳頭細胞に多く作用しています

 

血液中のテストステロンが前立腺細胞に取り込まれることで、5α還元酵素の作用でジヒドロテストステロンに変換されます。

 

AGA治療の代表薬であるプロペシア(成分名:フィナステリド)は、この5α還元酵素の作用をブロックして、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを抑制するのです。

 

これらの薬は、血液中のPSAの値を低下させることがわかっているのです。

 

 

5α還元酵素阻害薬 注意点・副作用

 

前立腺は尿道の周囲を取り囲むように存在しています。

 

そのため、前立腺が肥大することで尿道が狭くなり尿が出にくくなります。

 

そうなると、残尿感やトイレが近くなる(頻尿)といった症状があらわれるのです。

 

前立腺は男性ホルモンが前立腺に作用することによって肥大していきます。

 

男性ホルモンの一つであるテストステロンは5α還元酵素という物質によって、より作用が強く前立腺を肥大させるジヒドロテストステロンへ変換されるのです。

 

5α還元酵素阻害薬の副作用や注意点

 

 

生殖系症状

 

勃起不全、性欲減少、射精障害などがあらわれる場合があります。

 

 

乳房障害

 

女性化乳房、さらには乳房痛などがあわわれる場合があります。

 

 

消化器障害

 

胃部による不快感などの症状があらわれる場合があります。

 

 

5αリダクターゼ阻害薬 薄毛に有効な商品名は?

 

薄毛・抜け毛に効果がある薬として、日本で発毛効果が認められて販売されているものはごくわずかです。

 

市販薬であるリアップシリーズ、処方薬であるプロペシア、ザガーロが主な薬となります。

 

 

飲む発毛促進剤として、注目を集めるハツモール

 

注目を集めているハツモールですが、その効果を見ると「粃糠(ひこう)性脱毛症」「円形脱毛症」としか書かれていません。

 

パッケージには、以下のように書かれています。

 

「脱毛症に対して効果のある生薬やビタミンを有効成分とした医薬品」

 

「体内から毛根部の障害を正常な状態によみがえらせることで発毛を促進」

 

薄毛の原因としてよく聞くAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)に効果があるように捉えられる文面もあります。

 

飲む発毛促進剤であるハツモールには、一般的な薄毛への効果があると言ってもいいでしょう。

 

一方で、AGAやFAGAの直接的な原因と考えられるものはさまざまです。

 

血行不良や髪の栄養不足、さらにはホルモンの影響など本当に多くの原因が考えられているのです。

 

ハツモールには、血行の促進に対して作用する有効成分が含まれています。

 

そのため、血行不良による薄毛・髪の栄養不足による薄毛に果があるといえるでしょう。

 

それでも、ホルモンの影響による薄毛に効果があると言い切ることはできません。

 

男性型脱毛症(AGA)の場合では、強力な男性ホルモンDHTによって髪の成長が妨げられます。

 

そして、髪の成長サイクルが乱されることが薄毛の原因とされているのです。

 

この場合、男性ホルモンDHTの生成や働きを抑制できなければ、薄毛の改善や対策はできないのです。

 

また、女性男性型脱毛症(FAGA)の場合を考えてみると、髪を育てる働きがある女性ホルモンの減少によって薄毛が起こるのです。

 

そうなると、女性ホルモンの減少を抑えたり、女性ホルモンを補うことができなければ、薄毛の改善や対策はできないと言うことになるのです。

 

ハツモールは↓こちらから 最安値!!

 

男性用人気No1脂性シャンプー