加齢臭とは?

加齢臭を感じる年齢とは?

 

男性が抱える悩みの一つに臭いがありますが、その臭いの中でも加齢臭に悩まされている男性は多くいます。

 

加齢臭は文字通り加齢によって発生する臭いのことを言いますが、気づいたときにはすでに臭っているという人が多くいるでしょう。

 

例えば朝起きた時に枕から嫌な臭いがしてきたり、脱いだ服の臭いを嗅いだら不快になるような臭いで気づくことがあります。

 

枕

 

周りの人は迷惑しています!簡単で効果的な加齢臭対策

 

また、加齢臭は自分で気づきにくいので他人から指摘されて初めて気づく人もいます。

 

そんな加齢臭を感じるのは何歳くらいからかご存知でしょうか?

 

それは40代頃に感じることが多いとされています。

 

では、どうして40代頃に加齢臭を感じるようになるのでしょうか?

 

これは40代に入った頃が最も皮脂の分泌量が増えてしまうからです。

 

とは言っても個人差はありますので30代で皮脂の分泌量が増えて加齢臭を発生させる人もいますし、逆に40代後半や50代くらいで加齢臭を感じる人もいます。

 

だから、一概に40代頃とは言えませんが、最も多いのは40代頃ということになっています。

 

こうした年齢になると男性は周りの人に迷惑をかける恐れがありますので、早めに加齢臭対策をや予防策をとっておいたほうが良いでしょう。

 

指摘されてからでは遅いので早めに行動に移しておくのが良い方法と言えます。

 

 

加齢臭ってどんな臭い?どこから臭う?

 

加齢臭はノネナールという物質が原因となって発生する男性特有の臭いです。

 

ノネナールは皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸が過酸化脂質と結合してでき、強烈な臭いを発生させることもあります。

 

また、加齢臭は体中から発生させますが、特に耳の後ろやワキから臭いを発生させます。

どんな臭いかと言いますと、脂臭くて青臭い臭いになります。

 

例えるなら古いタンスを開けた時の臭いやブルーチーズ、押し入れの中や古い雑誌などの臭いを発生させます。

 

臭いや強さは人によって違いますが、加齢臭がある人はすれ違うだけで臭いますので、周りにいる人を嫌な気持ちにさせてしまいます。

 

よく聞く話ですが父親の加齢臭で子供や妻が困るということがあります。

 

だから、40代近くになった男性は加齢臭を他人事のように思うのではなく、自分のことのように思って早めの予防策をとると良いでしょう。

 

また、すでに加齢臭が発生している男性は、周りにいる人のことも考えて早めの対策にこころがけておきましょう。

 

 

服に染み付く場合の対処法

 

加齢臭で悩まされている男性は中年男性に多くみられます。

 

この加齢臭は体から発生する臭いなので着ている服に染み付いてしまうことがあります。

 

その服に染み付いた加齢臭は簡単にとることができませんので困ってしまう人もいるでしょう。

 

加齢臭が染み付くととれにくくなりますが、洗濯やドライクリーニングでも落ちない場合があります。

 

何回試しても落ちないことはよくありますので、どうしたら落ちるのか悩んでしまうところです。

 

そうした場合はクリーニング店の消臭クリーニングがおすすめです。

 

費用はかかってしまいますが、加齢臭が染み付いたままの服を着るよりは良いのではないでしょうか。

 

また、加齢臭が染み付いた服を一緒に洗うのは家族に嫌がられることもありますので、家族のことも考えたらクリーニング店の消臭クリーニングにお願いしたほうが良いでしょう。

 

こうした方法で加齢臭が染み付いた服を綺麗にすることができますが、加齢臭を発生させないことも考えておいた方が良いです。

 

加齢臭さえなければ普通の洗濯ですみますので、予防策や改善策をとって加齢臭をなんとかしていきましょう。

 

それと、加齢臭を発生させるのはエチケット違反とも言えますので、自分に心当たりがある人は早めに対策をとって改善してください。

 

加齢臭対策をお考えの方は次のHPもご参考にどうぞ。簡単に出来る方法をたっぷりご紹介しています!

 

こちらから=周りの人は迷惑しています!簡単で効果的な加齢臭対策

 

 

男性用人気No1脂性シャンプー