髪の細さと薄毛

.男性は30代後半から髪の毛が細くなる

 

髪の毛が太くても髪の毛の本数が少ない人と、髪の毛が多くても細い人の髪の毛を比較してみると、髪の毛が少なくても髪の毛が太い人のほうがフサフサに見えるというCMがありました。

 

これは確かにそうで、髪の毛が太い人のほうがより髪質が良いのです。
それでも男性の場合は加齢とともに髪の毛が細くなってしまうことが多くなります。

 

加齢とともに頭髪が薄くなるのは仕方のないことだと言えます。
現在ではAGA(男性型脱毛症)は男性なら誰でも起こりうることだからです。

 

抜け毛予防シャンプー 最新人気ランキング!

 

それが早く訪れるのか遅く訪れるかの違いです。
できれば、遅く訪れてもらいたいものですが、まずはその傾向として、考えたいのが髪の毛の細さです。

 

若い頃は黒々としていて髪の毛も太かったのに、30代後半から抜け毛が気になるようになった、髪の毛が細くなったような気がする・・というのはよく聞きます。

 

これは抜け毛を確認すればよくわかるのですが、抜け毛の長さも要チェックします。
短い抜け毛はまさに薄毛のサインと言えますし、年齢を重ねるごとに男性の場合は髪の毛の長さを短髪にする傾向にあります。

 

それ以上に伸びきる前に髪の毛が抜けるという現象は、髪の毛が育たない、すなわち髪の毛が細いままということになるのです。

 

 

髪が細くなり始めたら抜け毛は目前・・

 

短髪

 

髪が細くなるというのは、実は髪の毛が成長しないとイコールと考えていいでしょう。
それはどういうことかというと、加齢とともに男性の場合は髪の毛の長さを短髪にする傾向があります。

 

若いときは髪の毛を長くして黒々としていたのですが、加齢とともに短髪にするのは、周囲からの見た目の問題も多いことからでしょう。
さらに髪の毛が薄くなるので、不自然に長くするよりも短髪にしたほうが見栄えがよくなるからです。

 

加齢によって薄毛が気になるという前に多くの人は髪の毛が薄くなったということを実感します。
それは、抜け毛をチェックするからです。

 

数センチ程度の長さの抜け毛は、髪の毛が成長しきらないまま抜けていることを意味しています。
そのような抜け毛は毛根が機能していない可能性もあり、その毛根から髪の毛が生えてくる可能性も低くなるのです。

 

髪の毛が細く、さらに長さの短い抜け毛は要チェックと言えます。
髪が細くなりはじめた・・というのはパッと見た感じではわかりにくいものです。

 

そのチェックとしては、やはり抜け毛を慎重にチェックする必要があります。
伸びきらずに抜けた髪の毛はそのまま薄毛にもつながっていくのです。
抜け毛を気にするのではなく、抜け毛の髪質をしっかりとチェックすることが必要です。

 

 

頭皮状態の改善で太くコシのある髪も可能

 

太くてコシのあった髪の毛が細くなってきた・・薄毛に悩んでいる人の中には単に髪の毛が細くなっているだけの場合もあります。

 

これはどういうことかというと、抜け毛はそれほどなく、髪の毛の生えている本数はそれほど変わらないのに薄毛が目立つというのは、髪の毛が細くなっているからなのです。

 

これは単純に髪の毛が頭皮を覆う面積が少なくなっていることを意味しています。
髪の毛一本の面積というのはわずかなものですが、それが30万本もあると考えたら、それもバカにはできないのです。

 

髪の毛のハリやコシがなくなった、細くなって薄毛になったような気がする・・というのでしたら、まずはハリやコシを取り戻すことを考えなくてはいけません。

 

まず、髪の毛が細くなるというのは髪の毛の成長がうまくできていないことが考えられます。
これはヘアサイクルの乱れで、成長期間が短くなっていることから髪の毛がうまく育っていないのです。

 

原因として、生活習慣の乱れが考えられます。規則正しい食事と十分な睡眠を心がけるのは基本です。
さらに頭皮の状態を改善することに努めましょう。まずはシャンプーを市販シャンプーからノンシリコンやアミノ酸系のシャンプーなど刺激の少ないものに変えるのです。

 

これだけでも頭皮の改善に大きな効果があり、太くてコシのある髪の毛を実現できます。

 

男性用人気No1脂性シャンプー