フケで頭皮の状態が分かる

大きなフケがどんどん出てくる!これって病気?

 

髪

頭皮の皮が剥がれ落ちたようなものが出てきたとき、頭皮に以上が起きているのではないかと心配になってしまう人は多いでしょう。
剥がれ落ちた皮のようなものの正体は、「フケ」であることがほとんどです。

 

フケは、頭皮から出る白い粉状のものというイメージが強いため、フケにしては大きいと感じてしまうかもしれません。
大きなフケが沢山出るのには理由があるので、その理由を知って正しい対処をしていきましょう。

 

まず、フケとはどのようなものなのかを知りましょう。
フケは、頭皮のターンオーバーが起こることで剥がれ落ちる古い角質細胞です。
ターンオーバーとは、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるサイクルのことで、一定の期間で起こります。

 

頭皮のターンオーバーが正常に行われていれば、大きなフケが沢山出てしまうことはありません。
大きなフケが出てしまうということは、何らかの理由で頭皮が健康ではない状態になってしまい、ターンオーバーが正常に行われていないということになります。

 

具体的には、頭皮が乾燥していたり、古い角質や汚れが溜まりがちで硬くなっていたりと、薄毛につながることもあるあまり良くない状態であることが考えられます。

 

シャンプーが原因でフケが出ることも多いようです。
詳しくはこちら→間違いだらけのシャンプー選び

 

フケの種類と薄毛の関係

 

頭皮から出るフケには、乾いたパサパサとしたものと、粘つきのあるベッタリとしたものがあります。
フケの種類によって、フケが出ている原因がわかるので、正しい対処ができるようになるでしょう。

 

パサパサとしているフケは、「乾性フケ」と呼ばれています。
文字の通り頭皮の乾燥が原因で出ているフケで、頭皮にかゆみを伴うこともあります。
通常、頭皮は皮脂の分泌によって乾燥やダメージから守られており、皮脂を洗い落としすぎなければ過度に乾燥してしまうことはありません。

 

しかし、何らかの理由で皮脂の分泌量が少なくなっていたり、洗浄力が高いシャンプーで皮脂を洗い落としすぎてしまうことで、頭皮を守るバリア機能が低下してしまいます。
皮脂によるバリア機能が低下すると、頭皮の水分が蒸発しやすくなり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまうのです。
ベッタリとしている「脂性フケ」は、大きめなことが多いです。

 

脂分のとりすぎなどが原因で皮脂の分泌量が増え、頭皮がベタついているときに出やすいフケです。
皮脂汚れや汗を放っておくと、癜風菌という常在菌が繁殖しやすくなり、脂漏性皮膚炎などの頭皮の病気を引き起こしやすくなります。
頭皮の乾燥とベタつきは、頭皮環境を悪化させて薄毛の症状を引き起こす可能性も高いです。

 

頭皮のかぶれが原因のことも

 

大きなフケが目立つようになったら、頭皮がかぶれていないか確認してみましょう。
少しかゆみを感じたり、抜け毛が増えたように感じる場合は、頭皮が炎症を起こしている可能性がより高まります。

 

頭皮のかぶれを放置していると、他の皮膚病を併発してしまったり、健康的な髪の毛が育たなくなって薄毛が進行してしまう恐れがあります。
普段の生活を見直し、頭皮のかぶれを引き起こしている原因と対策を考えていきましょう。

 

まず、毎日のシャンプーで頭皮の汚れをきちんと落せているかどうかを確認してみましょう。
髪の毛の汚れを洗い流すだけで満足してしまってはいませんか?

 

程良い力で頭皮を擦り洗いして、毛穴に入り込んでいる皮脂汚れや汗を落とすように意識してみましょう。
リンスが頭皮に残ると、毛穴が塞がれて頭皮環境の悪化につながるので、丁寧にすすぐことも大切です。

 

また、洗浄力の高いシャンプーでゴシゴシと洗いすぎて、頭皮がダメージを受けている可能性もあります。
洗浄力の高いシャンプーは、人によっては頭皮への刺激となってしまうことがありますし、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうこともあります。

 

もしも、毎日きちんとシャンプーをしているのにフケが増えているように感じたときは、シャンプーのしすぎを疑ってみましょう。
シャンプーが自分の肌に合っていない場合も、同じように頭皮がかぶれることがあります。

 

頭皮環境を整える方法

 

頭皮環境を整えるためには、自分の頭皮の状態を知ることが大切です。
乾燥して硬くなっているなら、できるだけ頭皮に刺激が少ないシャンプーを選び、頭皮の水分量を保っていけるように心掛けましょう。

 

無添加にこだわって作られているシャンプーや、うるおい成分や美容成分が豊富に配合されているシャンプーなら、入浴後の乾燥を防いでいけるかもしれません。

 

また、頭皮のベタつきで脂漏性皮膚炎などの心配がある場合は、脂分の摂取を控えてみたり、規則正しい生活を送るように心掛けてみましょう。
生活リズムが崩れて睡眠不足などが慢性的になっていると、ホルモンバランスが乱れてしまい、皮脂の分泌量が増えることがあります。

 

シャンプーをしても頭皮のベタつきが治まらなかったり、体調不良で皮膚が敏感になり、シャンプーが頭皮への刺激となってしまうこともあります。
規則正しい生活に戻すことで、頭皮環境が改善される可能性は高いです。

 

頭皮環境に突然変化が現れた場合は、シャンプーやリンスを変えたりしなかったか思い出してみましょう。
シャンプーやリンスが自分の頭皮に合っていないと、乾燥やベタつきを引き起こすことがあり、頭皮環境の悪化につながります。

 

男性用人気No1脂性シャンプー