生まれつきの脂性は将来薄毛確定なのか?防衛策は?

生まれつきの脂性は将来薄毛確定なのか?防衛策は?

 

脂分の多い食べ物、さらには糖分が多く含まれている食べ物を控えることが大事です。

 

肉や揚げ物などといった脂分の多い食べ物をとりすぎると、どうしても皮脂を過剰に分泌してしまいます。

 

また糖分は一見脂分とは関係ないように思ってしまうのですが、糖分をとりすぎてしまうと分解しきれなかった糖分は脂肪分となります。

 

よって体に吸収され、皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。

 

 

睡眠をしっかり取ること

 

脂性 睡眠

 

防衛策として、睡眠をしっかりとることが大切です。

 

そして睡眠のリズムを整えるようにしましょう。

 

睡眠不足になると寝ている間に分泌される成長ホルモンがしっかり分泌されないからです。

 

成長ホルモンには頭皮などの新陳代謝を促してくれる働きがあります。

 

しっかり分泌されないと皮脂が頭皮につまってしまう原因になるのです。

 

さらに、寝る時間と起きる時間がバラバラではホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうと皮脂を過剰に分泌してしまうので、できる限り寝る時間と起きる時間を毎日同じ時間にしたほうがいいのです。

 

そして質の高い睡眠も重要です。

 

 

皮脂を取りすぎないシャンプーにする

 

頭皮がオイリーな状態の場合では頭皮を取ってくれるシャンプーを使ってしまいがちです。

 

しかし、実は皮脂を取りすぎると体が防衛本能でさらに皮脂を分泌してしまうのです。

 

ですから、皮脂の取りすぎには注意しましょう。

 

頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーがお勧めです。

 

 

脂性は遺伝する?

 

あぶらとり紙が手放せないという人も少なくないでしょう。

 

脂性は体質的なものなのですが、ある程度は遺伝によることがあるそうです。

 

肌の質などは親子で似ていることが指摘されているので、脂性も肌質によるものが大きいとしたら、脂性も十分遺伝すると考えていいでしょう。

 

薄毛 遺伝

 

薄毛自体が遺伝するというのは広く知られています。

 

ただし、100%遺伝するということではありません。

 

中には隔世遺伝するパターンもあります。

 

また、母方や父方によっても違います。

 

薄毛が100%遺伝するということであれば、ほとんどの人が薄毛になっているはずですが、必ずしもそうではありません。

 

また、人は老齢期になると髪が抜けていくものです。

 

これに例外はほとんどありません。

 

あとは個人的な体質や遺伝が多少加味されるということなのです。

 

遺伝的に髪が抜けやすい人は、脂性の人が多いです。

 

他の肌の部分は乾燥しているのに、頭皮だけがテカテカという人は少なくありません。

 

脂性対策に、育毛剤や専用の薬剤を使うなど対策もあります。

 

しかし、これにも一筋縄ではいかない悩みもあるのです。

 

どうしても男性ホルモンの分泌量が人よりも多い人は、その対策をしたほうがいいのですが、それにも副作用があることが指摘されています。

 

男性ホルモンの過剰分泌が、抜け毛や薄毛の原因となることは知られています。

 

もっとも、薄毛になり始めや薄毛になってからの対策では遅きに失する場合が多いのです。

 

対策するには若いうちからではないといけません。

 

薄毛が進行してしまって早くに抜け落ちてしまうからです。

 

自分に遺伝的な薄毛になりやすい要素があるとわかったら、できるだけ、その時点で対策をしていったほうがいいでしょう。

 

 

脂性の人の髪が抜けやすいというのは本当?

 

頭皮が脂っぽいのは?

 

頭皮に限らず顔なども脂っぽいといった人は、紫外線や細菌などの有害なモノから身体を守るために、皮脂が分泌されてバリアの役目を果たしているのです。

 

つまり、適度に脂っぽくないと有害なモノの侵入を許してしまうことになります。

 

それによって、身体に様々な不具合が生じるのです。

 

ストレスや生活習慣、遺伝的要因などによって、皮脂の分泌が過剰になると、頭皮がベタつくといった脂性になってしまいます。

 

過剰に脂っぽい状態になると、常在菌が過剰に繁殖して、それがニキビや吹き出物などの頭皮トラブルの原因になります。

 

皮脂の過剰分泌は、毛穴周辺を固くする酸化皮脂となります。

 

毛穴を詰まらせてしまし、抜け毛の原因にもなるので、男性は特に改善する必要があります。

 

脂性となる主な原因は「シャンプー」、「食生活」、「睡眠」とされています。

 

頭皮がベタベタすると気持ちが悪いので、もっときれいにしようとして洗浄力の強いシャンプーを利用してしまいます。

 

さらに、1日に何回もシャンプーをしてしまうのです。

 

これを繰り返していると、頭皮を守るための必要な皮脂までとり過ぎてしまいます。

 

そうなると、体は皮膚を守ろうとしてドンドン皮脂を分泌するのです。

 

その結果、頭皮の脂性が加速してしまうということになります

 

体質的なこともあるので、急に皮脂量を減らすことはできませんが、徐々に皮脂量を減らすことが大切です。

 

頭皮のケアのためには1日1回夜のシャンプーが基本ですが、1日に何回もシャンプーをしていた人が、いきなり減らすのも問題です。

 

脂性の何が問題かというと、皮脂が毛穴に詰まってしまって、毛が出てこなくなってしまうのです。

 

ですから、脂性は髪が抜けやすいよりも抜けた毛根から毛が生えにくくなってしまうということですね。

 

 

常に清潔に、刺激の少ない良質なシャンプーがベスト

 

頭皮の皮質をある程度守るためにも、頭皮に優しいシャンプーが必要になります。

 

そうなると、お勧めなのがM3040スカルプシャンプーです。

 

こちら↓


 

M3040スカルプシャンプーの特徴は、頭皮を守る効果です。

 

一般的な市販の男性用シャンプーは洗浄力を強めにしていて、頭皮の汚れや油分をしっかりと落とすタイプのシャンプーが多いです。

 

しかし、実際はそういったシャンプーは頭皮には良くないのです。

 

M3040スカルプシャンプーは、頭皮に必要のない汚れはしっかりと落とします。

 

さらに、頭皮を保湿することで頭皮のニオイや頭皮のベタつき、抜け毛や薄毛などを予防改善してくれるのです。

 

そのあたりが、頭皮を清潔にするシャンプーとして高い評価を得ている部分ですね。

 

さらに刺激が少ないので、頭皮に優しく抜け毛を抑えてくれるシャンプーとなっているのです。

 

男性用人気No1脂性シャンプー