育毛剤とシャンプーの相性

頭皮のベタつきが育毛剤の浸透を妨げる

 

育毛剤を使っている人の悩みに頭皮のベタつきがあるのは間違いありません。

 

毎日しっかりシャンプーをしているのに、何故か頭皮がべたつくという悩みを抱えている人も多いことでしょう。
頭皮に限らないのですが、皮脂の分泌はひとそれぞれに体調や健康状態によって異なります。

 

育毛剤は頭皮に浸透させる必要があるので、頭皮に皮脂が付着してべたついているのでしたら、育毛剤を利用しても頭皮の中に浸透しないので、育毛剤の効果を100パーセント体現できないと考えるべきです。

 

そうなればどうしたらいいのでしょうか。

 

シャンプーで頻繁に頭を洗うのは皮脂の分泌を促すだけなので逆効果とも言えます。
しかし、一つだけ方法があるのです。
それは、シャンプー後すぐに育毛剤を利用することです。

 

そうすると、シャンプーで皮脂を綺麗に洗い流したあと、すぐに育毛剤を利用すれば皮脂の分泌の前に育毛剤の成分を頭皮に浸透させることができるのです。
これがもっとも有用なシャンプーと育毛剤の利用方法と言えます。

 

ここで、注意しなくてはいけないのが、頭皮についたシャンプーを綺麗にすすぐことです。
シャンプーを残さないことを完全にすることで育毛剤の効果をさらに引き出すことができるのです。

 

 

育毛剤とシャンプーの相性

 

多くの人が薄毛に悩んでいる昨今です。
薄毛と聞くとちょっと前までは中年男性の共通の悩みという認識だったのですが、今は年齢性別関係なく薄毛が一つの大きな問題となっているのです。

 

そんな薄毛で悩んでいる人が利用しているのがシャンプーと育毛剤です。
シャンプーは頭皮を洗浄する役割があります。
そして、育毛剤は頭皮の中に育毛成分を送り届けます

 

シャンプーが洗浄するのは頭皮を覆っている皮脂です。この皮脂が頭皮を覆っていたら、育毛成分が頭皮の中に浸透しにくくなるのです。
ですので、シャンプーでしっかりと頭皮を覆っている皮脂を洗浄して、その次に育毛剤を利用して育毛成分を頭皮の中に浸透させます。

 

このことから、シャンプーと育毛剤はできるだけ双方の相性の良いものを選んだ方がいいのです。

 

俗に育毛シャンプーと呼ばれているものがあります。
これは育毛剤がシャンプーの中に入っているというわけではなく、厳密には育毛シャンプーという名前のシャンプーはありません。

 

あくまでも育毛剤との相性が良いという意味で育毛シャンプーと仮に呼ばれているのです。
この育毛シャンプーと育毛剤の組み合わせが相性抜群と考えていいでしょう。

 

積極的に育毛シャンプーと育毛剤の組み合わせで抜け毛を予防したいものです。

 

 

リンスやコンディショナーは避けるべき?

 

リンス

 

シャンプーと育毛剤は相性のよいものを選んだ方がいいです。
俗にいう育毛シャンプーの類いでしたら間違いないでしょう。
それで、問題になるのがリンスやコンディショナーです。

 

これについてはどうしたらいいのでしょうか。
というのもリンスやコンディショナーについては育毛によくないと言われているからです。

 

そもそも、リンスの役割とは何なのかをおさらいしておきましょう。
リンスは髪の毛の表面をコーティングして髪をなめらかにする役割があります。

 

頭皮を洗浄するシャンプーと髪の毛をコーテイングするリンスでは自ずと役割が違うのです。
頭皮に関係がないのならリンスやコンディショナーは問題なく使ってもいいということになります。

 

リンスを髪の毛にだけつけるのでしたら、それもいいのですが、どうしても頭皮にリンスがかかってしまいます。
そうなるとリンスの油分が毛穴を塞いでしまう可能性があるのです。

 

ですから、育毛に重きを置くのでしたら、リンスやコンディショナーの使用は避けたほうがいいでしょう。

 

もっとも、女性の場合は洗髪にリンスは欠かせませんから、できるだけ頭皮にリンスがかからないような洗髪方法を考えるべきです。

 

男性の場合は髪の毛が女性に比べて短いですから、リンスはコンディショナーの使用は避けたほうがいいでしょう。

 

男性用人気No1脂性シャンプー