脂性を簡単に解消する方法

シャンプーの回数を減らすと脂性は改善する?

 

シャンプーを何度もしてしまうと皮脂を取り除いてくれるので、脂性の改善になると考えがちです。

 

髪

 

しかし、皮脂を取り除くことで、体のほうが皮脂が足りないと判断してさらに大量の皮脂を分泌してしまうのです。
これが元々脂性の人でしたら、本当にたくさんの皮脂が分泌されてしまいます。

 

本来が脂性の人というのは、他の人よりも皮脂腺の数が多いとされているので、大量に皮脂の分泌が起きやすいのです。
このことから、シャンプーのやりすぎは脂性の改善を考えると逆効果と言えます。
だからといって、大量に出ている皮脂からくる脂性は嫌なにおいの元となります。
ここは悩ましい問題になってしまうのですが、適度にシャンプーをしながら皮脂の量を調節するというのが最善の方策になりそうです。

 

もちろん、誰もが常にシャンプーできる環境にはいません。むしろいつでもシャンプーできるという人は少ないでしょう。
脂性の改善を考えるのであれば、脂取り紙などを常備しておくなりの簡単にできる対策が必要となります。

 

脂性というのは体質によることが大きいので劇的な改善というのは望めません。
そうなると小さなことから、脂性の改善を考えていくほかはないのです。

 

このことをしっかりと覚えておく必要があります。

 

頭皮環境を整えるシャンプー

 

脂性の改善をするには、頭皮環境を整えることが大切になります。
頭皮環境を整えるためには、頭皮を常に清潔にしておく必要があります。

 

そうすると、脂性の改善のために頭皮を常にシャンプーで綺麗に洗うという考えに行きつくのですが、洗いすぎると反対に皮脂の分泌が激しくなるというブーメラン減少を引き起こしてしまうのです。

 

何度もシャンプーしなくても、一日に一回のシャンプーをするくらいでいいようなシャンプーはないのか・・。
このような考えに至ることは至極当然のことでしょう。
そして、実際にそのようなシャンプーは存在します。

 

頭皮ケアのポイントは毛穴を詰まらせないことで、さらに適度に皮脂を保つということです。

 

市販のシャンプーは良く泡だって頭皮が綺麗になるような気がします。気がするのではなく確かに、頭皮が綺麗になっているのですが、それは泡立ちよく洗浄力が高いということを意味しているのです。

 

それが、アミノ酸系のシャンプーになると、泡立ちが悪いことにびっくりして、これで頭皮が綺麗になるのかと不安に思う人もいるでしょう。

 

しかし、それこそが頭皮ケアになり皮脂を適度に残すシャンプーなのです。
洗浄力が高いだけが取り柄のシャンプーよりも脂性の改善を考えるのでしたらアミノ酸系のシャンプーがオススメです。

 

食生活で脂性改善

 

食生活で脂性の改善を考えてみましょう。
なんとかしたい脂性の肌・・そう考える人は少なくないでしょう。

 

体質が関係しているのなら、遺伝も・・いろいろな考えが交錯してしまう脂性ですが、脂性の改善は悩んでいても解決しません。

 

まずは行動を起こすことが大事です。
過剰なストレスから、脂汗を出すことが多い人は、ストレスの改善を考えることが大事ですし、汗かきの人はできるだけ汗をかかないようにするなどの対策が必要です。
そして、全体的に言えて効果があるのが食生活です。
皮脂の分泌を抑えてくれる食材があったら嬉しいですし、保湿成分のある食材は脂性を和らげてくれます。

 

皮脂の分泌を抑えてくれる栄養素として覚えておいてほしいのが、ビタミンB2です。これは糖類や脂質の代謝を促進してくれる効果があり、脂をエネルギーとして筋肉などが消化してくれるのです。

 

納豆

 

食材としては、レバー、うなぎ、魚の卵、さば、いわし、納豆などです。
これらはいくら食べても大丈夫です。

 

さらに、食物繊維をしっかりとって体の新陳代謝を高めるようにしましょう。
切り干し大根やきんぴらゴボウなどは、新陳代謝を高める食材の王道ですから、これらもしっかりと摂りたいものです。

 

 

 

男性用人気No1脂性シャンプー