怖い脂漏性皮膚炎とは?

脂性のフケの特徴

 

フケにも2種類があって、乾燥フケか脂症のフケかで対処方法が違ってくるのです。
ここでは、脂漏性皮膚炎からくる脂症のフケの特徴について調べてみます。

 

フケ

 

脂性のフケの特徴は頭皮がベタッとしていることです。
脂性のフケのどこが悪いのかというと、皮脂の分解物が毛穴に詰まって抜け毛が多くなるのです。
過剰に分泌されてしまっている皮脂と、頭皮に存在する細菌が悪さをして脂性のフケが発生するのです。

 

そして、増殖した菌が作る皮脂を分解した生成物がさらに皮膚を刺激して炎症を引き起こしてしまうのです。
このように起こる炎症を脂漏性皮膚炎と呼んでいます。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂の多い頭皮で発症するのですが、他にも耳の後ろや、鼻の脇などにも発症例があります。

 

脂性のフケの原因は皮脂に過剰分泌であることは間違いないのですが、そうなることの根本的な原因はホルモンバランスの乱れや過剰に受けるストレスとされています。

 

このことから、生活習慣の乱れを正すことと、ストレスを和らげるなどの対処方法が望まれます。
また、脂漏性皮膚炎が悪化すると抜け毛が加速度的に進行することもあるので、注意が必要ですし、脂漏性皮膚炎は、できるだけ早く対処したい炎症なのです。

 

一気に髪が抜ける脂漏性皮膚炎の悪化

 

シャンプーを毎日しているのに、フケの量が多くて不快に思う人は少なくありません。

 

それはおそらくシャンプーのしすぎが原因なのですが、頭がいつも痒い、生え際がカサカサしてかくと皮がむける・・。
さらには耳の後ろも痒くなってきた・・。
このような症状が出てきたら、脂漏性皮膚炎を疑ったほうがいいでしょう。そして十中八九脂漏性皮膚炎に間違いありません。

 

脂漏性皮膚炎は、頭皮に元々住み着いている、細菌が皮脂をエサにして増殖して炎症を起こす疾患です。
脂漏性皮膚炎が進行すると、フケやかゆみだけではなく、抜け毛の原因にもなってしまうのです。

 

それでは、脂漏性皮膚炎が進行すると何故抜け毛になってしまうのでしょうか。

 

それは、脂漏性皮膚炎の原因ともなる細菌から分泌される酵素リパーゼが脂肪酸を作ってそれが頭皮を刺激することで炎症が起こるのですが、何の対策も立てずに頭皮をそのままにしておくと、髪の毛が細くなって抜け毛が進行していくのです。

 

また、状況によっては一気に抜け毛が進行することがあり、そうなる前に適切な対処が必要です。
最初はフケが多くなったかな、という程度から抜け毛にまで発展するのですから、フケが気になる段階から脂漏性皮膚炎を疑って適切に対処するようにしましょう。

 

治療方法と予防

 

脂漏性皮膚炎の治療方法を予防について調べてみました。

 

まずは予防についてですが、シャンプーしてもフケがおおい、頭皮が常に痒いということでしたら、脂漏性皮膚炎を疑ったほうがいいです。
その場合は治療となるのですが、できたら予防を万全にしておきたいものです。

 

言い古された言葉ですが、規則正しい生活が基本となります。まずはここから正していかないと、適切な予防はできないのです。
そして、ビタミンB2を摂取するようにします。

 

牛乳

 

ビタミンB2は皮脂を分解してくれます。
ビタミンB2は体内で合成も貯めておくこともできませんから、食事から摂取するしかありません。
ビタミンB2が多く含まれている食材は、牛肉、豚肉、レバー、うなぎ、納豆、牛乳、ヨーグルトなどです。
この中では摂取しやすい納豆をメインにビタミンB2の積極的な摂取を考えたらいいでしょう。
さらにビタミンB6も効果的で、マグロの赤身やカツオ、バナナなどの多く含まれています。

 

脂漏性皮膚炎の治療は病院処方の内服薬が基本となります。
炎症を抑えるステロイド薬や、菌の増殖を抑える抗真菌薬、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤などです。

 

さらにビタミン剤なども効果的に服用することで、脂漏性皮膚炎の治療を行っていきます。

 

 

男性用人気No1脂性シャンプー