頭皮環境の悪化で起こるトラブル

シャンプーによる頭皮環境の悪化

 

抜け毛を予防するためには頭皮のケアが大切です。
頭皮のケアとなると最初に考えるのがシャンプーだと思います。

 

髪

 

シャンプーをどのように考えたらいいのでしょうか。
まずシャンプーはどのような目的でするのでしょうか。

 

髪の毛を洗うと解釈したら、そのものズバリで間違っています。
シャンプーは頭皮を洗うものなのです。
シャンプーの目的は頭皮を清潔に保つことというよりも、頭皮をケアすると考えたほうがいいです。

 

頭皮を清潔に保ちたいから、ということでシャンプーの回数が増えてしまい、皮脂を取り除きすぎて逆に皮脂の分泌を促してしまうのです。
取り除いた以上に皮脂が分泌されるのですから、これはまさに頭皮環境の悪化と考えていいでしょう。

 

洗浄力の強いシャンプーを頻繁に使うと、すさまじい頭皮環境の悪化を招いてしまうのです。
頭皮環境の悪化は頭のかゆみやフケなど様々な問題を引き起こしてしまいます。

 

そうならないように、まずはシャンプーを選び直すことが必要です。
市販のシャンプーよりも頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーに切り替えてみましょう。

 

そうすることで、驚くほどフケが少なくなることを実感するはずです。
頭皮環境の悪化を防ぐにはまずはシャンプー選ぶから始めましょう。

 

フケの状態分かる頭皮トラブル

 

頭の痒みのバロメータはフケにあります。
そして、フケには2種類あることが知られています。

 

一つは乾燥したフケで、もうひとつは脂性のフケです。

 

どちらもフケには変わりないのですが、原因はただ一つで乾燥肌か脂性の肌かということです。
ここでは脂性の肌の人を中心に話をしています。

 

脂性のフケは、皮脂とアカが混ざったもので、脂性のフケの場合はそれに痒みが伴うことが多く、ついついかきむしってしまいます。
しかし、伸びている爪でひっかいてしまうと、頭皮に傷がついてしまうので、さらなる頭皮環境の悪化を招いてしまいます。
脂性のフケが出る場合は耐えがたい頭のかゆみを覚えるのですが、できるだけガマンして頭をかかないようにしましょう。

 

脂性のフケは、ベタベタしているので毛穴につまりやすく、それが原因で抜け毛が進行してしまいます。
こうなると頭の痒みが云々ということは言っていられませんので、早急な対処が必要となるのです。

 

脂性のフケの場合は、頭皮が不潔になっている、痒みがあるということでシャンプーをしすぎになってしまいます。
しかし、これは逆効果であって、できればシャンプーの回数を減らす、シャンプーをアミノ酸系のシャンプーに替えるなどの対処が必要となるのです。

 

頭皮のバリア機能を高める方法

 

乾燥肌

 

脂性の人は、乾燥肌に憧れます。
どう考えても乾燥肌のほうがメリットがあると思いがちになります。

 

しかし、相対的に考えて脂性の肌のほうがメリットがあります。脂性がすぎるとデメリットの部分も多くみられるのですが、それでも乾燥肌よりもいいです。

 

そして、何よりも大切なのは、保湿です。

 

頭皮のバリア機能と良く言われますが、そのバリア機能を高めるのが保湿なのです。
乾燥肌は、その傾向として頭皮環境の悪化を招くものです。

 

ですから、頭皮用の保湿ローションを使うなど、さらには蒸しタオルや、頭皮のオイルマッサージを心がけるといいでしょう。
それでは頭皮のバリア機能が衰えるとどうなるのでしょうか。

 

それは、乾燥による痛みや痒みです。
さらにフケも多くなってきます。もちろん脂性の全てがいいわけではありません。
適度に皮脂を育み、頭皮ケアをして頭皮バリア機能を有効に高める必要があります。

 

頭皮の乾燥が頭皮バリアの機能を弱めることを熟知して、常に頭皮の保湿を考えるようにします。
そうすることで頭皮ケアは万全となり、頭皮のバリア機能を高めることに繋がるからです。

 

頭皮のバリア機能を高めることで、頭皮の炎症や、抜け毛や薄毛予防になるのです。

 

 

男性用人気No1脂性シャンプー