男性にも多い二の腕のブツブツは毎日のケアが大事

二の腕のブツブツは、男性でもできてしまうことがあります。
ニキビのようなブツブツが二の腕の肌に沢山できていると、半袖やノースリーブを着るときに気になってしまいますよね。
ブツブツが赤みを帯びていたり、黒ずんでいたりすると、二の腕全体に色むらができているように見えてしまうこともあります。
では、二の腕のブツブツを解消するためには、どのようなケアを行うと良いのでしょうか?

肌のトラブルを解消するために効果的なのは「保湿ケア」です。
二の腕にブツブツができてしまう理由は人それぞれ違いますが、保湿ケアを毎日続けていくことで、肌を健康な状態へ導くことができます。
特に乾燥しがちな秋~冬の季節や、クーラーの風に当たることが多い夏には、肌が乾燥しがちになり肌荒れが治りにくいです。
毎日の保湿ケアで肌がうるおった状態を保ち続ければ、少しずつ肌荒れが改善されていくでしょう。
また、肌のブツブツや黒ずみをケアするための専用クリーム・ジェル・ボディーソープなどが売られています。
保湿ケアと美肌ケアの両方の効果を兼ね備えたオールインワンな商品もあるため、毎日のケアを続けやすいアイテムを取り入れてみても良いかもしれません。

ブツブツの正体

男性の二の腕にもできることがあるブツブツの正体は、毛穴に詰まった汚れや、古い角質が蓄積してできたものである可能性が高いです。
通常、肌は一定の周期で「ターンオーバー」を繰り返しており、古い肌細胞が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わります。
しかし、ストレスや紫外線ダメージ、ホルモンバランス、加齢などの影響でターンオーバーのサイクルに乱れが生じ、古い角質や汚れが剥がれ落ちず蓄積してしまうことがあります。
特に毛穴周辺に汚れが溜まりやすく、その部分に厚みができて盛り上がることで、ブツブツ・ザラザラした肌になってしまいます。
ニキビと違って細菌が繁殖していたり、炎症を起こしていたりするわけではありませんが、ブツブツが赤みを帯びている場合もあります。

また、衣類の摩擦や紫外線ダメージ、体を強く擦りすぎたりした場合に、肌が大きなダメージを受けてしまった可能性があります。
ダメージを受けたことで「メラニン」の生成が活発になり、それが肌に沈着することで、シミのような黒いブツブツができてしまうことがあります。
肌が乾燥していると外部からの刺激に敏感な状態になるため、乾燥肌の人はダメージを受けやすいです。

男性でも毎日ケアすることが大切


二の腕のブツブツは、男性でも悩んでいる人が多いです。
古い角質や汚れが肌に溜まっている場合も、メラニンの沈着によって肌が黒ずんでいる場合も、まずは「ターンオーバー」のサイクルを正常に戻すことから始めていきましょう。
ターンオーバーが正常に行われるようになれば、古い角質やメラニンが沈着した肌細胞が剥がれ落ち、新しい綺麗な肌に生まれ変わります。
ターンオーバーを何度も繰り返すうちに二の腕のブツブツが少しずつ目立たなくなり、綺麗な肌を取り戻せるでしょう。

ターンオーバーを正常化させるためには、毎日の保湿ケアが大切になります。
できれば肌の奥深くまでしっかり保湿成分が浸透して、肌の内側にうるおいを閉じ込められるようなケアがしたいですね。
二の腕のブツブツをケアするときのクリームや化粧品に悩んだら、「アットベリー」がおすすめです。
肌のくすみやブツブツをケアするための専用ジェルとして開発され、効果的な美肌ケアと保湿ケアを可能にしています。
アットベリー独自の「トリプルサンド方式」で、ナノ化された成分が肌の奥へ奥へ高浸透し、保湿成分が肌をバリアして刺激から守ります。
高分子成分で肌表面の外からも集中ケアできるため、ブツブツを効率的に改善していけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です