肌質はみんな違う!それぞれ合ったケア方法が大事

自分の肌質、どんなタイプか知っていますか?

肌質によって合うスキンケアも変わってきますし、洗顔方法やスキンケア方法も変わってくるでしょう。

肌質は大きく分けて4種類あります。

普通肌

特にトラブルもなく、普通の肌質が分類されます。

普通肌、というと平凡で詰まらないように感じるかもしれませんが、一番理想的な肌質が「普通肌」です。

普通肌は、皮脂分泌量が多すぎず少なすぎず、いつでも適正な状態を保つことが出来ています。
目指すべき肌質は、普通肌です。

脂性肌

名前のとおり、油分の多い肌質が分類されます。

全体的にオイリーで脂とり紙を使うとべったり油分が付着するのが、脂性肌です。
特にTゾーンの油分が多く、皮脂が過剰分泌して毛穴汚れ、ニキビなどが発生しやすいでしょう。

油分を抑えるケアをすることで、普通肌に近づくことが出来ます。

乾燥肌

特に多く見かけるのが、乾燥肌です。

全体的に乾燥しやすく、潤い不足の肌が、乾燥肌です。

皮脂分泌量が少なく、艶が足りないのではないでしょうか。

肌の乾燥が悪化すると、角質がはがれてバリア機能が低下し、トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、乾燥肌が悪化すると些細なことが影響で肌トラブルが起こる敏感肌になってしまう場合があります。

乾燥肌対策は、保湿が一番です。
しっかりと保湿をすることで肌トラブルがおきにくい肌になるでしょう。

しかし、年齢を追うごとに肌内部の成分が減少していき、乾燥しやすい肌になっていきます。
年とともに、脂性肌や普通肌だった人も乾燥肌になる場合もあるでしょう。

年齢に応じたケアをすることも、乾燥肌対策では大切なことなのです。

混合肌

脂性乾燥肌ともいわれている肌質です。

人によってタイプは違いますが、多くはTゾーンは脂性肌なのに頬やフェイスラインは乾燥する、という性質を持っています。
多くの人はTゾーンは油分が多く頬は乾燥しやすいという性質ではありますが、部分による差が激しいと混合肌に分類されるでしょう。

混合肌はとてもスキンケアに手間がかかります。
保湿効果の高いスキンケアを使うとTゾーンの油分が増えますし、さっぱりタイプの化粧水を使うと部分的に保湿不足となってしまうでしょう。

保湿が足りない部分は専用のスキンケアを使うなどの対策を取らなければいけません。

自分の肌質がどれかわからない場合は、洗顔後の肌質で分類をするようにしましょう。
洗顔後、しばらくスキンケアをせずに肌を放置してみてください。

数分後の肌状態が、脂っぽく感じれば脂性肌です。
カサついているなと感じると乾燥肌、部分によって違うようであれば混合肌に分類されます。

数分おいた後も洗顔後同様適度に潤い脂っこくもない状態であれば、普通肌に分類されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です