脇の白いブツブツはワキガのサイン!?ケアすれば解消するのか?

脇の毛穴にできる白いブツブツって気になりますよね。

これにはさまざまな原因があるんです。

女性は特に脇に白いブツブツができてしまうと困ります。

ノースリーブなど脇を露出するような服装ができませんからね。

中には気にせずノースリープのワンピを着ている人もいますけど…

それってわかりやすいだけに、見ているほうがきになっちゃいますよ。

ここでは、白いブツブツになる表皮嚢腫について、さらにはそれは自分で治せるのか…なんてことも調べてみました。

白いブツブツがワキガのサイン?なんてことになると気になりますよね。

そしてきになるワキガと表皮嚢腫の関係と、白いブツブツだけじゃなくて赤いブツブツの正体も探ります。

結果的に脇には何が大切なのかというのを保湿をメインに考えてみました。

脇の白いブツブツ表皮嚢腫とは?

脇に白いブツブツができるってどういうこと?

それは、他の人よりも皮脂の分泌が多いということなんです。

ワキガの可能性も十分にあるんですよ。

単なる、皮脂詰まりでなくて、「表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)」の可能性があるんです。

脇の白いブツブツは表皮嚢腫

表皮嚢腫は皮膚の良性腫瘍のひとつなんです。

皮膚の3層というのが、表皮、真皮、皮下脂肪なんです。

そして、表皮でできた袋のような腫瘍なんですね。

表皮は皮膚の1番上にあって細胞分裂を繰り返しています。

これが肌のターンオーバーになるんですよ。

このターンオーバーを繰り返す中で古い表皮は垢として本来なら体外に排出されるんです。

それが、体外に排出されず表皮の内側に溜まってしまうことで表皮嚢腫ができるんです。

良性なので気にしなくていい…なんていいますけど、気になりますよね。

それでも、数センチから10センチ近くまで成長する人もいるんです。

そんなに大きくなるんですよ。

そこまで大きくなるとやっぱり摘出しなくちゃいけませんよね。

気になる人は、最寄りの皮膚科の病院に相談してみましょう。

表皮嚢腫は自分で治せる?

表皮嚢腫はアテローマとも呼ばれる袋状のできものです。

体の毛がある部分だと、どこにでも出来る可能性があるんです。

一般的によく見られる良性の皮膚の腫瘍なんですよ。

だからといって大きくなることもあるので多少は気にしたほうがいいです。

袋状の部分は線維成分となっていて、中には垢あかと同じような物が詰まってます。

大きさは1~2センチぐらいですね。

少し盛り上がってますし、触れると中に塊があるように感じるからわかりやすいですよ。

中心に黒い点のような開口部があります。

そこから臭いの強いペースト状の白い物質が出てくるんですね。

自分で治せるの?

良性とはいっても腫瘍ですから、あるよりは無いほうがいいですよね。

良性だから病院に診てもらうわけでもなく、自分で治せるかということになるんですけど…

これは、一度できると自分で根治することはできないようです。

自分で膿を押し出すようなことでしぼませることはできますけど、そのときの臭いは強烈ですよ。

普段は皮膚と同じ色で痛みもありません。

それでも、急に赤く腫れ上がったり、痛みが出ることがあるんです。

こういうときの症状は感染性表皮嚢腫あるいは炎症性表皮嚢腫というんだそうです。

袋状の壁が破裂して、中のペースト状の物質が周囲に放出されて、そこから細菌が侵入するのが原因なんです。

そうなると、感染性表皮嚢腫の時期には抗生物質を内服したり、切開して膿を出したりする必要があります。

ここまでくると、病院の先生に診てもらうしかないですね

根治的な治療としては嚢腫を摘出する手術が必要なようですよ。

ワキガと表皮嚢腫の関係

臭いのきつさから表皮嚢腫とワキガを同じように考える人も少なくありません。

表皮嚢腫は良性の皮膚腫瘍の仲間です。

表皮の一部が真皮内に陥入してしまって、増殖して内部に角質物質を貯めるようになるんです。

有毛部分のどこにでも出来て、多くは開口部があります。

角質が自然排出されて小さくなることがあります。

開口部がみられない場合は、場所や硬度で他の皮下腫瘤と鑑別が必要な場合もありますよ。

中の膿は激臭ですが、ワキガの臭いとは違います。

それと、根本的に表皮嚢腫とワキガは原因が全く違いますから、まったくの別物として考えなくちゃいけないんですよ。

赤いブツブツの正体

白いブツブツの他に赤いブツブツもきになりますよね。

脇にもできますし、まず気になるのが背中やデコルテにできる赤いブツブツです。

赤いブツブツは、いわゆるニキビなんですよ。

からだニキビ(毛のう炎)」なんていいますよね。

原因は、細菌のほかに、真菌・カビの一種であることが多いといわれてます。

毛穴の奥に、細菌や真菌が入り込んで繁殖してしまうんですよ。

そこから、炎症を起こして、脇や背中やデコルテにニキビができてしまうんです。

悪化して化膿してしまうと膿を持つこともあってそれが激臭になってしまうので困りものですね。

誰でも発症する可能性あり

赤いブツブツは誰でもできるんですよ

こうした原因菌は、もともと健康な人の皮膚の表面にいる常在菌です。

ですから、誰でもからだニキビができてしまうんです。

普段は皮脂のバランスを絶妙に保ってくれている常在菌です。

しかし、そのバランスが崩れるとトラブルを引き起こしてしまうんです。

原因菌は皮脂を好むんです。

ですから、汗をかきやすい季節に活発になるので要注意ですよ。

そうした汗などによるムレのほか、皮脂の汚れ、キズや摩擦などの刺激、ホルモンバランス、紫外線、そしてストレスなんかがからみあって赤いブツブツができてしまうんです。

脇は保湿が大切

肌だけじゃない、脇も保湿が必要です。

いくつになっても魅力的でいたいなら、お肌の乾燥が徹底ケアしましょう。

これって必須ですよね。

朝は洗顔で就寝中の皮脂をしっかりと落とします。

そして、たっぷりと化粧水や乳液を使うんです。

そうすることで肌のコンディションを整えていくんですね。

夜は一日肌を覆っていたメイクをしっかりと落とします。

特に、紫外線によるダメージを予防する意味でも化粧水パックを使いましょう。

乳液だけでなく美容液も使っての肌ケアが必須ですよ。

乾燥がきになる女性でしたら、脇部分にも乾燥が起こっている可能性があります。

脇が乾燥しているとワキガ独特のにおいが悪化してしまうことが分かっているんです。

なぜ、脇が乾燥するとにおいがきつくなるのか…

乾燥が引き起こすワキガトラブル

一般的に肌が乾燥していると紫外線によるダメージを受けやすいんです。

それによって肌サイクルも乱れてしまうんです。

シミやしわも乾燥がもたらす肌ダメージによって進行度合いが加速されてしまいます。

そして、脇部分が乾燥していると、水分不足の状態が皮脂や脇汗を増加させてしまう可能性が高いんです。

本来肌に必要な水分量が減少してしまうことで乾燥状態が起こります。

水分量が不足することで脳から保湿の指示が出ます。

必然的に脇に皮脂や脇汗が多く出てしまうと状態が起こりやすいんですね。

脇の乾燥を予防するならどうしたらいいか…

毎日安心して使用できる専用のクリームやジェルがおすすめですよ。

ぜひ試しみてくださいね。

脇の毛穴がブツブツ目立つのはなぜ?原因はセルフ脱毛だけなのか?

脇毛処理をしてもブツブツが目立ってしまう…

この問題は女性の美しい肌のためにも、是非とも解決したい悩みですね

女性らしい肌やきめ細かさを保つためにも欠かせないのが脇毛処理です。

ムダ毛処理にありがちなのが、毛穴のブツブツですね。

これって、セルフ脱毛で解決したいのにますますひどくなっているのでは?

なんて思ってしまいます。

ここでは、脇の毛が目立ってしまう主な原因と、セルフ脱毛をするとブツブツになる理由を考えます。

さらに、肌質にも関係があるのかについても考察します。

そして、脇の毛穴のブツブツはセルフケアでつるつるにする方法についても考えてみます。

難しい、脇の毛穴のブツブツの解決方法ですが、セルフケアでもつるつるにする方法があるんですよ。

脇の毛穴が目立つ主な原因

多くの女性(女子)が10代前半から半ばくらいからセルフ脱毛を始めていることでしょう。

そのときは、カミソリや毛抜きが主なアイテムですよね。

ただし、何の知識もないままでセルフ脱毛をしてしまう人が多いんですよ。

そうなると、何も考えずにカミソリでえいやっとやってしまったり、毛抜きで力まかせに引っこ抜いてしまうんです。

そうすることで、埋没毛が出きたり、そしていやなぶつぶつができたりするんですね。

生まれながらに体毛が生えない体質の人もいるでしょう。

それって、もともと毛深いのがご先祖様だとしたら、体毛が生えないのは究極の進化形かもしれません。

すごくうらやましいです。

って、うらやましがっても自分の脇の毛穴のブツブツは解決しないんですけどね。

話しがずいぶん脱線しましたけど…

脇毛の脱毛を意識するのって思春期に入ってからが多いと思います。

そして、その頃って脱毛の知識がないので、自分でカミソリとか毛抜きで、勢いにまかせて処理してしまうんです。

それがいけないんですね。

毛の生えてる向きとか、考えないで脱毛するから毛穴のブツブツができるんですよ。

セルフ脱毛でブツブツになる理由

事故処理でブツブツになるのはなぜなのか…

ボディソープや石鹸で剃らない

まず、これを考えてみましょう。

特にカミソリを使ったセルフ脱毛って、お風呂に入ったついでにボディソープや石鹸などを使ってシェービングする人が多いですよね。

カミソリでシェービングするときってどうしてますか?

たいていの人は、シェービングジェルやシェービングクリームを使ってると思うんです。

理由は肌を守ってくれるからですよね。

そういうふうにシェービングジェルやシェービングクリームはできてるんです。

いっぽうのボディソープや石鹸は皮膚の油分を洗い流す働きがあります。

これって、同じようなのですけど、シェービングには向いてないんですよ。

家にボディソープは必ずあるので、ついつい使ってしまいがちですよね。

シェービングジェルやシェービングクリームって、肌にぴったりとくっついて多少の水分がついても流れません。

これは、シェービングの時の摩擦から肌を守ってくれるからなんです。

今では、保湿成分がたっぷり含んだシェービングジェルやシェービングクリームが数多く登場しています。

それによって、肌の仕上がりがなめらかになるというメリットがあるんですね。

セルフ脱毛でブツブツにならないために

新しいカミソリをつかう

カミソリの刃が古いと、切れ味が悪くなるので、肌を傷めてしまうんです。

無理に力がはいりますからね。

入浴時に脇毛を処理しない

入浴時って、肌がふやけている状態なので肌が傷つきやすいとされてるんですよ。

特に、入浴中にかみそりで強く剃ってしまうのは、角質も削ってしまうのでNGなんです。

逆剃り厳禁

シェービングする時の理想の向きってあるんですよ。

それは毛の流れに沿って剃るんです。

仕上がりの良さから、毛の流れに逆らって逆剃りをする人が多いんですけどこれもNGです。

毛が生えている向きに逆らって剃るので、毛穴を剃りあげる形になっちゃうんです。

そうすると毛穴の負担が大きくなりますからね。

元々の肌質にも関係がある?

皮脂の過剰分泌

脇の毛穴のブツブツなんかは元々肌質に問題がある場合もありますからね。

皮脂が多く分泌される主な原因に「インナードライ」と呼ばれる乾燥肌があげられるんです。

インナードライって、その名の通り乾燥している肌のことですよね。

肌の水分が少ないので、皮脂が過剰に分泌されてしまう状態の肌なんですよ。

自分の肌質がインナードライだと見分けるのは難しいと思います。

肌に油が浮くのはインナードライの特徴なんですけど、脂性肌も同じような特徴があるからです。

もし脂性肌ケアをしていて肌質が改善されないのでしたら、インナードライを疑ったほうがいいでしょう。
 
インナードライの原因なんですがm「洗顔のし過ぎ」「化粧品の添加物」「冷房の当たりすぎ」などがあるんです。

「もしかして渡しもインナードライかも?」なんて思ったら、一度石鹸洗顔をやめてみて、乳液やアルコール入りの化粧水を使ってみるのもいいでしょう。

代わりに保水性の高い化粧水を使って、油分をカットすることを意識したケアがポイントになります。

肌が整うまでは、ファンデーションもリキッドの使用は控えたほうがいいですよ。

脇に毛穴のブツブツはセルフケアでつるつる

カミソリでブツブツに…

これって誰もが通る道じゃないですか?

カミソリって便利ですからね。

カミソリは皮膚の表面に出ている毛を処理するだけなので、皮膚の中に毛根が残ってしまってます。

それが黒いブツブツの原因になるんですよ。

何度も同じ処理することで、黒ずんでしまったりと色素沈着のおそれがあるんです。

傷口から雑菌が入って、それがブツブツの原因になることもあります。

正しいセルフケア方法

正しいセルフケアをカミソリで考えてみます。

まず、肌は清潔にしてから処理をすることが大切です。

蒸しタオルで温めて毛穴を開いてから剃りましょう。

このとき、ボディソープは使いません。

専用のシェービングフォームワセリンを使うようにしましょう。

セルフ脱毛後はクールダウンをして毛穴を引き締めますい。

そしてしっかりと保湿ですよ。

カミソリの手入れは忘れないでください。

しっかり乾燥させておきます。

繰り返す背中のニキビやブツブツは今や手放せないヒートテックが原因だった!

寒い季節がやってくると手放せなくなる“ヒートテック”は、薄着でも暖かい体温を維持してくれます。
体から出る水分を利用して熱エネルギーに変える仕組みで、寒い環境でも効率的に体を温めることができるインナーの一種です。

しかし、近年ではヒートテックが原因で背中ニキビやブツブツができてしまう可能性があると言われており、肌荒れを気にする女性たちにとっては見逃せない話題となっています。
ヒートテックは水分を利用して熱を生み出す仕組みなので、通気性があまり良くありません。
そのため、水分や熱が衣類の内側にこもってしまい、背中全体が蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。
汗や雑菌が毛穴に入り込むことで、背中ニキビができてしまいます。
一日の終わりにきちんと汚れを洗い流すように気を付けていても、背中が蒸れた状態で長時間過ごすことになると、やはりニキビができやすくなってしまうでしょう。

とはいえ、ヒートテックは薄くてとても便利な防寒着です。
毎日ヒートテックばかりを着ることのないように注意すれば、冬の間も背中ニキビを増やすことなく過ごせるのではないでしょうか。

ヒートテック素材の下着や衣類とは?

ヒートテック素材のインナーが普及し、現在では下着などもさまざまなメーカーから販売されています。
そもそもヒートテック素材とは、レーヨン素材の吸湿発熱効果、アクリル素材による高い保湿性、ポリエステル素材による速乾性のそれぞれの特性を効果的に組み合わせたものです。
具体的には、アクリル41パーセント、ポリエステル34パーセント、レーヨン22パーセント、ポリウレタン3パーセントという素材割合で作られているようです。
ヒートテック素材は“吸湿発熱線維”とも言われており、人体から発生する水分を吸着することによって熱エネルギーを生み出し、ヒートテック特融の暖かさを実現しています。

ヒートテックは、化学繊維を素材として起用しているため、肌の弱い人が頻繁に着用すると肌荒れを起こす可能性があると言われています。
通気性の悪さで肌が蒸れてしまったり、静電気を帯電しやすくなるので肌に刺激を与えてしまうことにつながるようです。
メーカーによってはヒートテック素材に使用されている素材の割合が違い、アクリル繊維を含まないヒートテックや、天然素材にこだわったあたたかインナーも発売されています。


背中ニキビをつくらないためには素材に注意

背中ニキビをつくらないためには、インナーの素材に注意しましょう。
特にヒートテック素材は化学繊維がもとになっているため、敏感肌・乾燥肌の人が頻繁に着用していると、どうしても肌荒れを起こしがちになってしまいます。
健康な肌の人でも、ヒートテックの着用によって肌の状態が悪くなってしまう可能性があるため、着用する頻度には気を付けたいですね。

背中ニキビをつくらない、肌にやさしい素材は、天然繊維でつくられた「綿」や「ウール」です。
綿やウール主体の素材でできているインナーなら、頻繁に着用しても背中ニキビを発生させてしまう恐れがありません。
ヒートテック素材ではなくても十分に暖かさを感じられるものも多いので、自分の肌に合ったインナーを探してみましょう。

また、すでに背中ニキビが増えてしまって悩んでいる人は、「アットベリー」のような背中ニキビ、ニキビ跡専用のケアアイテムを使用してみると良いでしょう。
アットベリーには、肌の調子を整えてニキビを防ぐ成分のほかに、保湿成分や美容成分がたっぷり含まれています。
冬の間の乾燥とヒートテックの刺激から肌を守ることで、ニキビのない綺麗な背中を取り戻すことができるでしょう。
アットベリーは全身に使用できるので、背中以外にも気になる部分の肌荒れ対策ができます。

肌質はみんな違う!それぞれ合ったケア方法が大事

自分の肌質、どんなタイプか知っていますか?

肌質によって合うスキンケアも変わってきますし、洗顔方法やスキンケア方法も変わってくるでしょう。

肌質は大きく分けて4種類あります。

普通肌

特にトラブルもなく、普通の肌質が分類されます。

普通肌、というと平凡で詰まらないように感じるかもしれませんが、一番理想的な肌質が「普通肌」です。

普通肌は、皮脂分泌量が多すぎず少なすぎず、いつでも適正な状態を保つことが出来ています。
目指すべき肌質は、普通肌です。

脂性肌

名前のとおり、油分の多い肌質が分類されます。

全体的にオイリーで脂とり紙を使うとべったり油分が付着するのが、脂性肌です。
特にTゾーンの油分が多く、皮脂が過剰分泌して毛穴汚れ、ニキビなどが発生しやすいでしょう。

油分を抑えるケアをすることで、普通肌に近づくことが出来ます。

乾燥肌

特に多く見かけるのが、乾燥肌です。

全体的に乾燥しやすく、潤い不足の肌が、乾燥肌です。

皮脂分泌量が少なく、艶が足りないのではないでしょうか。

肌の乾燥が悪化すると、角質がはがれてバリア機能が低下し、トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、乾燥肌が悪化すると些細なことが影響で肌トラブルが起こる敏感肌になってしまう場合があります。

乾燥肌対策は、保湿が一番です。
しっかりと保湿をすることで肌トラブルがおきにくい肌になるでしょう。

しかし、年齢を追うごとに肌内部の成分が減少していき、乾燥しやすい肌になっていきます。
年とともに、脂性肌や普通肌だった人も乾燥肌になる場合もあるでしょう。

年齢に応じたケアをすることも、乾燥肌対策では大切なことなのです。

混合肌

脂性乾燥肌ともいわれている肌質です。

人によってタイプは違いますが、多くはTゾーンは脂性肌なのに頬やフェイスラインは乾燥する、という性質を持っています。
多くの人はTゾーンは油分が多く頬は乾燥しやすいという性質ではありますが、部分による差が激しいと混合肌に分類されるでしょう。

混合肌はとてもスキンケアに手間がかかります。
保湿効果の高いスキンケアを使うとTゾーンの油分が増えますし、さっぱりタイプの化粧水を使うと部分的に保湿不足となってしまうでしょう。

保湿が足りない部分は専用のスキンケアを使うなどの対策を取らなければいけません。

自分の肌質がどれかわからない場合は、洗顔後の肌質で分類をするようにしましょう。
洗顔後、しばらくスキンケアをせずに肌を放置してみてください。

数分後の肌状態が、脂っぽく感じれば脂性肌です。
カサついているなと感じると乾燥肌、部分によって違うようであれば混合肌に分類されます。

数分おいた後も洗顔後同様適度に潤い脂っこくもない状態であれば、普通肌に分類されます。

男性にも多い二の腕のブツブツは毎日のケアが大事

二の腕のブツブツは、男性でもできてしまうことがあります。
ニキビのようなブツブツが二の腕の肌に沢山できていると、半袖やノースリーブを着るときに気になってしまいますよね。
ブツブツが赤みを帯びていたり、黒ずんでいたりすると、二の腕全体に色むらができているように見えてしまうこともあります。
では、二の腕のブツブツを解消するためには、どのようなケアを行うと良いのでしょうか?

肌のトラブルを解消するために効果的なのは「保湿ケア」です。
二の腕にブツブツができてしまう理由は人それぞれ違いますが、保湿ケアを毎日続けていくことで、肌を健康な状態へ導くことができます。
特に乾燥しがちな秋~冬の季節や、クーラーの風に当たることが多い夏には、肌が乾燥しがちになり肌荒れが治りにくいです。
毎日の保湿ケアで肌がうるおった状態を保ち続ければ、少しずつ肌荒れが改善されていくでしょう。
また、肌のブツブツや黒ずみをケアするための専用クリーム・ジェル・ボディーソープなどが売られています。
保湿ケアと美肌ケアの両方の効果を兼ね備えたオールインワンな商品もあるため、毎日のケアを続けやすいアイテムを取り入れてみても良いかもしれません。

ブツブツの正体

男性の二の腕にもできることがあるブツブツの正体は、毛穴に詰まった汚れや、古い角質が蓄積してできたものである可能性が高いです。
通常、肌は一定の周期で「ターンオーバー」を繰り返しており、古い肌細胞が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わります。
しかし、ストレスや紫外線ダメージ、ホルモンバランス、加齢などの影響でターンオーバーのサイクルに乱れが生じ、古い角質や汚れが剥がれ落ちず蓄積してしまうことがあります。
特に毛穴周辺に汚れが溜まりやすく、その部分に厚みができて盛り上がることで、ブツブツ・ザラザラした肌になってしまいます。
ニキビと違って細菌が繁殖していたり、炎症を起こしていたりするわけではありませんが、ブツブツが赤みを帯びている場合もあります。

また、衣類の摩擦や紫外線ダメージ、体を強く擦りすぎたりした場合に、肌が大きなダメージを受けてしまった可能性があります。
ダメージを受けたことで「メラニン」の生成が活発になり、それが肌に沈着することで、シミのような黒いブツブツができてしまうことがあります。
肌が乾燥していると外部からの刺激に敏感な状態になるため、乾燥肌の人はダメージを受けやすいです。

男性でも毎日ケアすることが大切


二の腕のブツブツは、男性でも悩んでいる人が多いです。
古い角質や汚れが肌に溜まっている場合も、メラニンの沈着によって肌が黒ずんでいる場合も、まずは「ターンオーバー」のサイクルを正常に戻すことから始めていきましょう。
ターンオーバーが正常に行われるようになれば、古い角質やメラニンが沈着した肌細胞が剥がれ落ち、新しい綺麗な肌に生まれ変わります。
ターンオーバーを何度も繰り返すうちに二の腕のブツブツが少しずつ目立たなくなり、綺麗な肌を取り戻せるでしょう。

ターンオーバーを正常化させるためには、毎日の保湿ケアが大切になります。
できれば肌の奥深くまでしっかり保湿成分が浸透して、肌の内側にうるおいを閉じ込められるようなケアがしたいですね。
二の腕のブツブツをケアするときのクリームや化粧品に悩んだら、「アットベリー」がおすすめです。
肌のくすみやブツブツをケアするための専用ジェルとして開発され、効果的な美肌ケアと保湿ケアを可能にしています。
アットベリー独自の「トリプルサンド方式」で、ナノ化された成分が肌の奥へ奥へ高浸透し、保湿成分が肌をバリアして刺激から守ります。
高分子成分で肌表面の外からも集中ケアできるため、ブツブツを効率的に改善していけるのです。

意外と多い脇のかぶれやあせも…実は黒ずみの原因になる

脇の皮膚は、全身の中でも特にデリケートで刺激を受けやすいです。
そのため、意外かもしれませんが「かぶれ」や「あせも」などの皮膚疾患を起こしやすい部分でもあります。
暑い季節に脇がかゆくなったり、脇の皮膚が赤くただれてピリピリとした痛みを感じた経験はありませんか?
こういった脇の皮膚の炎症を何度も繰り返していると、脇に黒ずみをつくる原因となってしまうことがあります。
脇がかぶれる理由と、万が一かぶれてしまった時の対処法を知っておけば、黒ずみをつくる前に綺麗に治せるかもしれません。

脇の皮膚がかぶれた後、黒ずみとなって残ってしまうのは、炎症を治そうとしてメラニン色素の生成が活性化されてしまうからです。
メラニン色素が皮膚に沈着すると、シミのように黒ずんで見えます。
沈着してしまったメラニン色素を除去するには、ピーリングケアや肌のターンオーバーを活性化させるなどして、メラニンが沈着した肌細胞を剥がさなければなりません。
すぐに黒ずみが消えることはほとんどなく、時間をかけて少しずつ目立たなくしていかなければいけない場合が多いため、なるべく黒ずみをつくらないように心掛けていきましょう。

脇がかぶれる原因


脇がかぶれる原因は、普段の生活の中に潜んでいます。
例えば「制汗剤」です。
脇汗の量が気になったり、汗をかいたときの臭いが気になったりして、日頃から制汗剤を使用している人は多いでしょう。
脇に直接塗るロールタイプやスティックタイプ、吹き付けて使用するスプレータイプ、かいた汗を拭き取るシートタイプなど、さまざまな種類の制汗剤が売られています。
脇汗対策はエチケットとしても大切なことではありますが、自分の肌に合わない制汗剤を使用していたり、一日の終わりに制汗剤の成分をきちんと洗い落とせていないと、脇の皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。
また、特に女性に多い「ムダ毛のセルフ処理」も、脇のかぶれにつながります。
毛抜きやカミソリを使用してムダ毛を処理することで、デリケートな脇の皮膚にダメージを与えてしまいます。
頻繁なムダ毛処理でダメージが重なると、脇がかぶれてしまうことがあるのです。

そのほかにも、紫外線によるダメージやムレ、衣服の擦れなど、脇のかぶれを引き起こす原因はさまざまです。
自分の生活を見直し、脇のかぶれにつながる習慣を最低限に抑えていけるようになれば、脇の黒ずみ予防にもなるでしょう。

予防法


脇を清潔に保つよう心掛けることで、脇のかぶれを予防していくことができます。
日頃から制汗剤を使用している人は、一日の終わりにきちんと制汗剤の成分を洗い落としましょう。
特にスプレータイプの制汗剤は、スプレー噴射によって細かい制汗成分が脇の毛穴に入り込み、かぶれや嫌な臭いの原因になってしまうことが多いです。
皮膚にダメージを与えないよう優しく丁寧に洗い、毛穴に汚れが詰まったままの状態で放置することがないよう気を付けましょう。

また、ムダ毛処理で皮膚にダメージを与えてしまったときや、脇が乾燥して刺激に敏感になっているときは、保湿ケアが効果的です。
保湿をすることで皮膚を外部の刺激から守れるため、かぶれなどの肌荒れや黒ずみを防げます。
脇の黒ずみケア専用のジェル「アットベリー」は、保湿ケアと美肌ケアの両方を兼ね備えています。
「脇のケアをしたいけれど、どのような化粧品を使用すれば良いのかがわからない……」という人は、脇のデリケートな皮膚にやさしくて安全なアットベリーを使用してみるのも良いかもしれません。
脇の皮膚がかぶれを起こさないよう、普段から予防のためにアットベリーを使用しても良いですし、すでに黒ずみが気になる部分に使用しても効果が期待できます。

二の腕にできるブツブツの正体は?実は様々な種類があった

二の腕にできるブツブツの正体は?実は様々な種類があった

二の腕にできてしまうブツブツ、夏になると特に気になりますよね。

一体これは何?と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

たくさんの人が実はこのブツブツに悩まされていると言われており、対策を取らないまま、もしくは間違った方法で解消しようとして悪化してしまうということも多いそうです。

普通に考えれば、もしかしたらニキビなのかもしれないと思うかもしれません。

そのため、ニキビ薬を塗って治療をしようとしてしまうのです。

ですが、実は二の腕のブツブツにはいくつか種類があり、決してニキビだとは言えないのです。

また、ブツブツの種類によっては原因もそれぞれ違いがあるので、それぞれの原因に合った解消法を取り入れなければなりません。

ニキビだと思い込んでニキビ治療薬を使用しても全く効果が見られないのは、それはニキビではなく、さらにできてしまった原因が違うためなのです。

どうにかしたい、でもどうにもならない、長年そんな悩みが続いている方は特に、ブツブツの正体をはっきりとさせることが最善策となります。

まずは、二の腕のブツブツが一体何なのか、その種類をしっかりと確認して自分のブツブツに合う方法で解消できるようにケアを始めましょう。

二の腕のブツブツの種類と原因

二の腕のブツブツには実は様々な種類があるのですが、一体どんな種類がありその原因はどのようなものなのでしょうか。

まず多くの方が悩まされているブツブツは、毛孔性苔癬と呼ばれる皮膚疾患です。

この毛孔性苔癬は、遺伝や乾燥などにより毛包が角化して毛穴から隆起したことでブツブツとなってしまう症状です。

思春期の頃になると発症しやすい皮膚疾患で、特に特別な病気でもなく一般的です。

原因は遺伝もありますが乾燥によって引き起こされてしまう場合もあります。

そして、他にも考えられる二の腕のブツブツの種類はニキビです。

皮脂が大量に分泌されることで、毛穴が詰まり炎症を起こします。

炎症を起こさなくても毛穴が皮脂で詰まると角栓ができ、鼻の黒ずみと同じくブツブツが二の腕にもできてしまいます。

油分を多く摂取している、または肌の乾燥が激しいことが原因で引き起こされます。

また、他にもあるのが湿疹やアレルギー性皮膚炎です。

湿疹やアレルギー性皮膚炎は、肌に服が触れる・ボディーソープ・ボディクリームなど、他には内臓による疾患や食べ物も原因となる場合があります。

このように一つには絞れない二の腕のブツブツ、症状などもそれぞれ違いがあるので、まずは自分にどの種類のブツブツができているのか、しっかりと調べるか皮膚科に受診するなどして、はっきりとさせましょう。

解消法は一つ?

二の腕にできてしまったブツブツ、解消法もそれぞれですが実は一つ共通した解消法があります。

またその解消法が一番重要となるので、どうやっても治らなかった方は一度試してみることをお勧めします。

その解消法とは、「保湿」です。

保湿だけでいいの?とびっくりしてしまう方もいるかもしれません。

ですが肌の自己回復力を育てるためにも、健康な美肌を保つためにも必要なものといえば、保湿しかないのです。

湿疹や皮膚炎を起こしている場合は、患部を清潔にして傷をまずは回復させなければなりません。

ただし、その後傷が回復すればしっかりと保湿するというケアもする必要が出てくるのです。

毛孔性苔癬の場合でもニキビでも同じです。

保湿してあげることで、肌のターンオーバーも進み毛穴に詰まった角栓などもしっかりと落とすことができるので、ブツブツが解消されていくのです。

このように二の腕のブツブツ解消法は保湿だけでも良い場合もあるでしょう。

傷ができていたり出血している場合には、まずは治療から始めなければなりませんが、その後はやはり保湿です。

今では二の腕専用の保湿ができるケア用品も販売されているので、しっかりとケアを始めて次の夏こそはツルツル二の腕で夏を楽しみましょう。

道端アンジェリカさんが告白した持病とは? 乾癬は誰でも発症する!

最近、ご自身のインスタグラムで持病である乾癬による肌荒れを告白した道端アンジェリカさん。

驚いた方も多いと思いますが、その勇気に称賛の声が上がっています。

テレビで観る道端アンジェリカさんは、つるつるの肌に見えますが、それはメイクや照明などできれいに見せていたのかもしれません。

健康や美容のために食生活にも気を使っており、スーパーフードを食べていると紹介することも度々。

きれいの秘密を紹介しすぎて「上から目線」と好意的に思っている人だけではなかったようです。

ですから、実は近くで見ると肌が汚いと分かった途端、「スーパーフードによる汚肌」「あれだけ美容自慢しておいて肌が汚い」など一気に攻撃されてしまったのでしょう。

スーパーフード

そんな毎日に耐えられなくなり、今回肌荒れは持病である乾癬によるものだと告白するに至ったようです。

芸能人はテレビに出ている姿だけがすべてではなく、生き方や考え方なども注目の的になってしまうため、大変ですね。

最近は、誰でもネットによっていろいろな情報を得ることができるため、少しでも攻撃できる部分を見つけると、すごい勢いで叩きます。

それが本音ではなくても、なぜかそうすることが好きな人が多いようです。

今回の告白は、そんな人たちも味方に付けてしまうほど、勇気ある行動ではないでしょうか?

できれば隠しておきたい病気についてすっっぴんを公開することで告白する。

その病気について知るきっかけにもなりますし、すでに同じ病気で悩んでいる人の励みにもなりますね。

予防はできる?治療法は?

それでは、今回話題になっている乾癬とは、どのような病気なのでしょうか?

日本人の発症は500人に1人程度で、欧米では30~40人に1人というデーターがあるため、食生活が原因の一つだと言われています。

症状は、全身にで切る皮膚疾患で最初は乾燥や肌荒れだと思うことが多く、放置されがちですが、なかなか治らず広がることで病気が発見されることが多いようです。

実は、分からないことがまだまだ多く、アトピー性皮膚炎のように治っては悪化を繰り返すことから、何らかの原因物質に反応して起こると言われています。

自分でその物質を知ることができれば、避けることはできますが、それが分からないことがほとんどなのです。

突現発症に広がっていくので、精神的なストレスを感じる人が多く、それが悪化する原因です。

今分かっている主な原因は、ストレス、食生活、遺伝などですが曖昧とも言えますね。

人間の肌は1ヶ月程度で古い角質がはがれ落ち、新しい皮膚が再生しますが、乾癬の場合はその感覚が極端に短く、肌がカサカサになって剥がれ落ちます。

アトピー性皮膚炎のようにも見えますが、原因や治療方法が異なりますので、自分で決めつけるのは危険かもしれません。

一部分だけの人もいますが、全身に広がることも多く、頭皮に発症した場合はフケが大量に出て大変です。

治療法は、塗り薬や飲み薬、注射などですが、根本的な治療ではないため一時的に良くなっても、治療を止めた途端に再発することもあります。

乾癬を発症すると完治が難しいと言われていますが、必ずしもそうではないようです。

腸内環境を整え、免疫力を上げることで再発を避けることもできますので、諦めることはありません。

信頼できる医師の治療と正しい知識、生活環境を整え食生活を見直すことが大切なのです。

このように乾癬は、決して簡単に治る病気ではありませんが、向き合うことで改善するのです。

もし、自分にも当てはまる症状があれば、なるべく早く病院を受診しましょう!

脇の黒ずみにオロナインが効くって本当?実際は・・・

薬局やドラッグストアで売られている「オロナイン軟膏」は、脇やデリケートゾーンの黒ずみに効果があると言われています。
オロナインを顔に塗って毛穴パックをするという美容法も噂されており、実際に美白ケアに使用したことがある女性も多いようです。
では、オロナインを使用したケアで、本当に脇の黒ずみを解消できるのでしょうか?

オロナインは、ひび・あかぎれ・しもやけ・きりきず・すりきず・ニキビ・かるいやけど・水虫などに効果があるとされており、美白ケア用の化粧品ではありません。
しかしながら、脇の黒ずみの原因の一つである「炎症」を抑える効果は期待できます。
カミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理により、脇の炎症を引き起こし、そのまま黒ずみになってしまうケースは多いです。
ムダ毛処理の後に脇が炎症を起こしているように感じたら、オロナインでケアをすれば、炎症の跡が黒ずみになってしまうことを防げるかもしれません。
ニキビのようなブツブツや吹き出物ができてしまったときにも、オロナインを使用すれば悪化させることなく早めに治せるかもしれませんね。
オロナインが黒ずみに直接良い影響を与えるわけではないため、塗り続ければ確実に美白になれるとは言い切れません。

オロナインとは?

皮膚疾患・外傷治療薬として昔から親しまれている「オロナイン」は、薬局やドラッグストアで購入できる塗り薬です。
ニキビや吹き出物・傷・かるいやけど・水虫などに効果があるとされており、虫さされや湿疹(ただれ・かぶれ)などには使用してはいけません。
生活の中でできてしまった擦り傷や切り傷、突然できてしまったニキビなど、軽い皮膚疾患・外傷の治療に使用している人が多いのではないでしょうか。
オロナインに含まれている成分は、殺菌作用のある成分や汚れ・角質を取り除いてくれるオリブ油、保湿効果のあるワセリンなどです。
殺菌作用と保湿効果が期待できるため、カミソリや毛抜きで脇の皮膚を傷付けてしまったときや、乾燥で肌が敏感になっているときに使用すると良いでしょう。
保湿クリームとして使用したいときには、水を2~3滴ほど加えると良いようです。

オロナインで脇の黒ずみを治せる」という噂が流れていますが、オロナイン自体に美白成分や美容成分は含まれていません。
オロナインを塗り続けることで乾燥肌を防げたり、脇に負った小さな傷を治せたりするため、脇を綺麗にするために多少の効果は得られるかもしれません。
ですが、脇の黒ずみを解消するほどの劇的な効果は期待できないでしょう。

脇の黒ずみの正しいケア

脇の黒ずみを解消したいなら、オロナインなどの外傷治療薬を選ぶよりも、「アットベリー」のような黒ずみケア専用のクリームを選ぶことをおすすめします。
医薬部外品であるアットベリーには、メラニンを抑える効果のあるセラミドや、保湿効果のあるエラスチンなどの成分を配合しています。
ナノ化された有効成分が肌の奥深くへと浸透していき、肌表面には高分子化成分が染み渡ります。
さらに、保湿成分で脇のデリケートな肌にうるおいバリアを張ることで、外部の刺激から肌を守りながら有効成分を閉じ込めます。
保湿ケアで肌を守りながら、美白有効成分で効果的に黒ずみケアができるため、アットベリーを塗り続けるだけで脇を白くしていけるのです。

また、アットベリーには脇の嫌なニオイを抑える成分も配合されています。
抗菌効果が期待できる「桑エキス」と、血行促進や肌のターンオーバーを促す「天然ビタミンE(抗酸化成分)」のパワーで、黒ずみケアをしながらニオイ対策が可能です。
女性にとって大きな悩みである「黒ずみ」と「ニオイ」を同時にケアできるのは、とても嬉しいですね。
アットベリーは肌へのやさしさにこだわって作られたクリームなので、着色料・シリコン・石油系界面活性剤・アルコール等の化学成分が含まれておらず安心です。

脇の臭いや体臭は今着ている服にも原因があるかも!

体臭で悩んでいる人は臭い対策として制汗剤などを使用しているでしょう。

しかし、臭い対策しても体臭が消えることがないという人もいるのではないでしょうか。

もしかしたら今着ている衣類に原因があるかもしれません。

着る衣類によっては汗をかきやすくなることがありますし、蒸れて臭いをきつくさせてしまうこともあります。

また、着ている衣類に体臭が染み付いている可能性もあります。

きつい体臭が衣類に染み付くと普通の洗濯だけでは落ちないことがありますので、すぐに止める方法として念入りに洗濯するように心がけておくと良いでしょう。

それと、ナイロンなどの化学繊維が使用されている衣類を着ている人はいませんか?

衣類にナイロンやアクリル、ポリエステルなどの化学繊維が使われていると体臭の原因になってしまうことがあります。

化学繊維が使われていると吸湿性と発汗性が低くなってしまうからです。

また、化学繊維は体内に静電気を溜めこんでしまいますが、これと同じように体の熱を閉じ込めて蒸れの原因になってしまい、長時間着ていることによって汗をかきやすくしてしまいます。

こうしたことからも分かるように体臭の原因は今着ている衣類かもしれませんので、体臭が気になっている人や予防したい人は衣類に気を付けておきましょう。

体臭が予防できる服はある?

気になる体臭は服で臭いを抑えることができます。

その服は消臭効果があるものや通気性が良い繊維を使用している服です。

特に体臭予防ができる繊維は麻や木綿、絹などの自然素材から生まれた繊維です。

綿などの天然植物繊維は繊維が細かくなっていますので吸湿性に優れていますし、肌から出た水分を外側に出す通気性にも優れています。

また、天然植物繊維は吸水性にも優れていますので、体臭を外に漏れにくく効果もあります。

それに、天然植物繊維はポリエステルなどの化学繊維よりも雑菌が繁殖しにくくなっていますので、体臭の原因となる常在菌が増えないから体臭予防になります。

服だけではなく下着でも同じようなことが言えます。

男性は汗で蒸れやすくなりますし、女性はナプキンやオリモノシートなどで蒸れやすくて臭いがきつくなってしまいます。

ですので、肌に密着する下着だからこそ天然植物繊維を使用したものを使うべきです。

今現在、体臭が気になっている人は服の素材を確認しておくと良いですし、次に購入する服は化学繊維を使用していないものを選ぶと良いでしょう。

柔軟剤で体臭予防

柔軟剤

体臭が服に染み付いてしまうと、洗剤だけではなかなか落とすことができませんので消臭効果がある柔軟剤を使用すると効果的です。

また、消臭効果がある柔軟剤は服についた臭いをおとすだけではなく、体から発生する嫌な臭いを服の外に臭いにくくする効果もあります。

特に体臭の元となる成分を含んだ服には消臭効果がありますし、消臭だけではなく良い香りを楽しむこともできますので、体臭で悩んでいる人は消臭効果がある柔軟剤を使用してみてください。

こうした消臭効果がある柔軟剤を使用するときは、色々な柔軟剤がありますのでどれが良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。

そうした人はレノアが評判が良いとされていますので使用してみるのも良いかもしれません。

また、柔軟剤を効果的にするためには、最後のすすぎのときに入れることです。

最初に洗剤と一緒に入れてしまうと消臭効果が発揮されなくなるからです。

体臭が気になっている人でこれから対策をとろうとしている人は、消臭効果がある柔軟剤を使用するのと同時に着る服や生活習慣などにも気を付けておくと良いでしょう。

そして、体臭を気にすることなく楽しく過ごしてください。