意外と多い脇のかぶれやあせも…実は黒ずみの原因になる

脇の皮膚は、全身の中でも特にデリケートで刺激を受けやすいです。
そのため、意外かもしれませんが「かぶれ」や「あせも」などの皮膚疾患を起こしやすい部分でもあります。
暑い季節に脇がかゆくなったり、脇の皮膚が赤くただれてピリピリとした痛みを感じた経験はありませんか?
こういった脇の皮膚の炎症を何度も繰り返していると、脇に黒ずみをつくる原因となってしまうことがあります。
脇がかぶれる理由と、万が一かぶれてしまった時の対処法を知っておけば、黒ずみをつくる前に綺麗に治せるかもしれません。

脇の皮膚がかぶれた後、黒ずみとなって残ってしまうのは、炎症を治そうとしてメラニン色素の生成が活性化されてしまうからです。
メラニン色素が皮膚に沈着すると、シミのように黒ずんで見えます。
沈着してしまったメラニン色素を除去するには、ピーリングケアや肌のターンオーバーを活性化させるなどして、メラニンが沈着した肌細胞を剥がさなければなりません。
すぐに黒ずみが消えることはほとんどなく、時間をかけて少しずつ目立たなくしていかなければいけない場合が多いため、なるべく黒ずみをつくらないように心掛けていきましょう。

脇がかぶれる原因


脇がかぶれる原因は、普段の生活の中に潜んでいます。
例えば「制汗剤」です。
脇汗の量が気になったり、汗をかいたときの臭いが気になったりして、日頃から制汗剤を使用している人は多いでしょう。
脇に直接塗るロールタイプやスティックタイプ、吹き付けて使用するスプレータイプ、かいた汗を拭き取るシートタイプなど、さまざまな種類の制汗剤が売られています。
脇汗対策はエチケットとしても大切なことではありますが、自分の肌に合わない制汗剤を使用していたり、一日の終わりに制汗剤の成分をきちんと洗い落とせていないと、脇の皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。
また、特に女性に多い「ムダ毛のセルフ処理」も、脇のかぶれにつながります。
毛抜きやカミソリを使用してムダ毛を処理することで、デリケートな脇の皮膚にダメージを与えてしまいます。
頻繁なムダ毛処理でダメージが重なると、脇がかぶれてしまうことがあるのです。

そのほかにも、紫外線によるダメージやムレ、衣服の擦れなど、脇のかぶれを引き起こす原因はさまざまです。
自分の生活を見直し、脇のかぶれにつながる習慣を最低限に抑えていけるようになれば、脇の黒ずみ予防にもなるでしょう。

予防法


脇を清潔に保つよう心掛けることで、脇のかぶれを予防していくことができます。
日頃から制汗剤を使用している人は、一日の終わりにきちんと制汗剤の成分を洗い落としましょう。
特にスプレータイプの制汗剤は、スプレー噴射によって細かい制汗成分が脇の毛穴に入り込み、かぶれや嫌な臭いの原因になってしまうことが多いです。
皮膚にダメージを与えないよう優しく丁寧に洗い、毛穴に汚れが詰まったままの状態で放置することがないよう気を付けましょう。

また、ムダ毛処理で皮膚にダメージを与えてしまったときや、脇が乾燥して刺激に敏感になっているときは、保湿ケアが効果的です。
保湿をすることで皮膚を外部の刺激から守れるため、かぶれなどの肌荒れや黒ずみを防げます。
脇の黒ずみケア専用のジェル「アットベリー」は、保湿ケアと美肌ケアの両方を兼ね備えています。
「脇のケアをしたいけれど、どのような化粧品を使用すれば良いのかがわからない……」という人は、脇のデリケートな皮膚にやさしくて安全なアットベリーを使用してみるのも良いかもしれません。
脇の皮膚がかぶれを起こさないよう、普段から予防のためにアットベリーを使用しても良いですし、すでに黒ずみが気になる部分に使用しても効果が期待できます。