肌質はみんな違う!それぞれ合ったケア方法が大事

自分の肌質、どんなタイプか知っていますか?

肌質によって合うスキンケアも変わってきますし、洗顔方法やスキンケア方法も変わってくるでしょう。

肌質は大きく分けて4種類あります。

普通肌

特にトラブルもなく、普通の肌質が分類されます。

普通肌、というと平凡で詰まらないように感じるかもしれませんが、一番理想的な肌質が「普通肌」です。

普通肌は、皮脂分泌量が多すぎず少なすぎず、いつでも適正な状態を保つことが出来ています。
目指すべき肌質は、普通肌です。

脂性肌

名前のとおり、油分の多い肌質が分類されます。

全体的にオイリーで脂とり紙を使うとべったり油分が付着するのが、脂性肌です。
特にTゾーンの油分が多く、皮脂が過剰分泌して毛穴汚れ、ニキビなどが発生しやすいでしょう。

油分を抑えるケアをすることで、普通肌に近づくことが出来ます。

乾燥肌

特に多く見かけるのが、乾燥肌です。

全体的に乾燥しやすく、潤い不足の肌が、乾燥肌です。

皮脂分泌量が少なく、艶が足りないのではないでしょうか。

肌の乾燥が悪化すると、角質がはがれてバリア機能が低下し、トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、乾燥肌が悪化すると些細なことが影響で肌トラブルが起こる敏感肌になってしまう場合があります。

乾燥肌対策は、保湿が一番です。
しっかりと保湿をすることで肌トラブルがおきにくい肌になるでしょう。

しかし、年齢を追うごとに肌内部の成分が減少していき、乾燥しやすい肌になっていきます。
年とともに、脂性肌や普通肌だった人も乾燥肌になる場合もあるでしょう。

年齢に応じたケアをすることも、乾燥肌対策では大切なことなのです。

混合肌

脂性乾燥肌ともいわれている肌質です。

人によってタイプは違いますが、多くはTゾーンは脂性肌なのに頬やフェイスラインは乾燥する、という性質を持っています。
多くの人はTゾーンは油分が多く頬は乾燥しやすいという性質ではありますが、部分による差が激しいと混合肌に分類されるでしょう。

混合肌はとてもスキンケアに手間がかかります。
保湿効果の高いスキンケアを使うとTゾーンの油分が増えますし、さっぱりタイプの化粧水を使うと部分的に保湿不足となってしまうでしょう。

保湿が足りない部分は専用のスキンケアを使うなどの対策を取らなければいけません。

自分の肌質がどれかわからない場合は、洗顔後の肌質で分類をするようにしましょう。
洗顔後、しばらくスキンケアをせずに肌を放置してみてください。

数分後の肌状態が、脂っぽく感じれば脂性肌です。
カサついているなと感じると乾燥肌、部分によって違うようであれば混合肌に分類されます。

数分おいた後も洗顔後同様適度に潤い脂っこくもない状態であれば、普通肌に分類されます。

脇の黒ずみにオロナインが効くって本当?実際は・・・

薬局やドラッグストアで売られている「オロナイン軟膏」は、脇やデリケートゾーンの黒ずみに効果があると言われています。
オロナインを顔に塗って毛穴パックをするという美容法も噂されており、実際に美白ケアに使用したことがある女性も多いようです。
では、オロナインを使用したケアで、本当に脇の黒ずみを解消できるのでしょうか?

オロナインは、ひび・あかぎれ・しもやけ・きりきず・すりきず・ニキビ・かるいやけど・水虫などに効果があるとされており、美白ケア用の化粧品ではありません。
しかしながら、脇の黒ずみの原因の一つである「炎症」を抑える効果は期待できます。
カミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理により、脇の炎症を引き起こし、そのまま黒ずみになってしまうケースは多いです。
ムダ毛処理の後に脇が炎症を起こしているように感じたら、オロナインでケアをすれば、炎症の跡が黒ずみになってしまうことを防げるかもしれません。
ニキビのようなブツブツや吹き出物ができてしまったときにも、オロナインを使用すれば悪化させることなく早めに治せるかもしれませんね。
オロナインが黒ずみに直接良い影響を与えるわけではないため、塗り続ければ確実に美白になれるとは言い切れません。

オロナインとは?

皮膚疾患・外傷治療薬として昔から親しまれている「オロナイン」は、薬局やドラッグストアで購入できる塗り薬です。
ニキビや吹き出物・傷・かるいやけど・水虫などに効果があるとされており、虫さされや湿疹(ただれ・かぶれ)などには使用してはいけません。
生活の中でできてしまった擦り傷や切り傷、突然できてしまったニキビなど、軽い皮膚疾患・外傷の治療に使用している人が多いのではないでしょうか。
オロナインに含まれている成分は、殺菌作用のある成分や汚れ・角質を取り除いてくれるオリブ油、保湿効果のあるワセリンなどです。
殺菌作用と保湿効果が期待できるため、カミソリや毛抜きで脇の皮膚を傷付けてしまったときや、乾燥で肌が敏感になっているときに使用すると良いでしょう。
保湿クリームとして使用したいときには、水を2~3滴ほど加えると良いようです。

オロナインで脇の黒ずみを治せる」という噂が流れていますが、オロナイン自体に美白成分や美容成分は含まれていません。
オロナインを塗り続けることで乾燥肌を防げたり、脇に負った小さな傷を治せたりするため、脇を綺麗にするために多少の効果は得られるかもしれません。
ですが、脇の黒ずみを解消するほどの劇的な効果は期待できないでしょう。

脇の黒ずみの正しいケア

脇の黒ずみを解消したいなら、オロナインなどの外傷治療薬を選ぶよりも、「アットベリー」のような黒ずみケア専用のクリームを選ぶことをおすすめします。
医薬部外品であるアットベリーには、メラニンを抑える効果のあるセラミドや、保湿効果のあるエラスチンなどの成分を配合しています。
ナノ化された有効成分が肌の奥深くへと浸透していき、肌表面には高分子化成分が染み渡ります。
さらに、保湿成分で脇のデリケートな肌にうるおいバリアを張ることで、外部の刺激から肌を守りながら有効成分を閉じ込めます。
保湿ケアで肌を守りながら、美白有効成分で効果的に黒ずみケアができるため、アットベリーを塗り続けるだけで脇を白くしていけるのです。

また、アットベリーには脇の嫌なニオイを抑える成分も配合されています。
抗菌効果が期待できる「桑エキス」と、血行促進や肌のターンオーバーを促す「天然ビタミンE(抗酸化成分)」のパワーで、黒ずみケアをしながらニオイ対策が可能です。
女性にとって大きな悩みである「黒ずみ」と「ニオイ」を同時にケアできるのは、とても嬉しいですね。
アットベリーは肌へのやさしさにこだわって作られたクリームなので、着色料・シリコン・石油系界面活性剤・アルコール等の化学成分が含まれておらず安心です。

脇の黒ずみは早めにケアを始めないと治らない可能性が!

先日、かなり久しぶりに自分の脇を鏡に映してみました。

なんとなく分かっていましたが、黒ずみがかなりすごいことになっていたのです。

肌が弱く脇にあせもができやすかったのですが、ここ最近はそんな症状も出ていなく、安心していたのですが・・・

もうびっくりですよ。

自分の脇ってしっかり見ることはあまりありませんが、他人の脇はつい見てしまう。

と言うことは私の脇も誰かに見られているのです。

「この人の脇、なんだか汚い・・」そんなこと思われていたとしたら、恥ずかしすぎませんか?

脇の黒ずみは遠くから見ると本当に汚らしく、まるで垢が溜まっているかのように見えてしまうのです。

その原因はいろいろありますが、私の場合は明らかに摩擦やかきむしりによるものです。

人間の肌は、摩擦などの刺激があるとメラニン色素が過剰に分泌されてしまうそうで、その部分だけが黒ずんでしまいます。

脇の皮膚はとても薄くデリケートなので、黒ずみができやすいのです。

他にも、紫外線や脱毛、衣類の刺激などによっても黒ずみはできてしまい、そのまま長い時間残ってしまう可能性もあります。

気付かずに同じことを繰り替えていると、一生治らない黒ずみができてしまうので、早めのケアが大切だそうです。

黒ずみができやすい部分は?

ジーンズ

私の場合は脇に黒ずみができてしまいましたが、他にも気を付けなくてはならない部分があります。

それは、肘や膝、胸の下や陰部などです。

原因は脇と同じですが、特に肘や膝は衣類による摩擦が原因になることが多いようです。

例えば、毎日生地が硬いジーンや麻素材の衣類を着用したり、肘や膝をつくことが多いと、関節がある部分はどうしても刺激を受けやすいのです。

肌のターンオーバーが正常に働かなくなると、本来定期的に新しい皮膚が再生するはずが、いつまでも古し角質が残ってしまいます。

それが黒ずみが悪化することにつながるので、肌の状態を正常に保つこともつるつる肌をキープするために大切なことです。

特に、色白の人は黒ずみが目立ちやすく、せっかくきれいな白い肌を持っているのに、肘や膝だけが黒ずんでいては台無しです。

今すぐ黒ずみケアを始めて白くてきれいな肌を取り戻しましょう!

とても簡単なケア方法

これからは黒ずみができないように気を付けようと思って人は多いと思いますが、今できている黒ずみはどのようにケアしたら良いのでしょう?

もう、一生治らないと諦める?

実は誰でも簡単にケアできる良いものがあるのです!

多くの雑誌で紹介されているので、知っているひともいると思いますが、黒ずみのケア専用クリーム「アットベリー」です。

最初は半信半疑で使い始めたものの、その使い心地の良さと万能さから、今ではなくてはならないものになりました。

黒ずみをきれいにするためには、肌のターンオーバーを正常に戻すしかありません。

健康な肌は約一か月のサイクルで古い角質がはがれおち、新しい皮膚ができます。

それによって、ダメージを受けた肌もなかったことになるのですが、滞ってしまうことで黒ずみやくすみができてしまいます。

アットベリーはダメージを受けた肌にもスーッと浸透し、角質の奥深くまで潤いを届けてくれるのです。

私のひび割れたかかともこれを塗るようになってからは、しっとりつるつるになりました。

脇の黒ずみにもしっかり効果を発揮し、徐々に薄くなっているのが分かります。

もう一生治らないと思っていた黒ずみが解消していくのは、とても嬉しいことです。

レザーなど高いお金を出すことなく、痛みもないケア方法なので黒ずみで悩んでいる人は、是非使ってみてください。

おすすめですよ!