脇の毛穴がブツブツ目立つのはなぜ?原因はセルフ脱毛だけなのか?

脇毛処理をしてもブツブツが目立ってしまう…

この問題は女性の美しい肌のためにも、是非とも解決したい悩みですね

女性らしい肌やきめ細かさを保つためにも欠かせないのが脇毛処理です。

ムダ毛処理にありがちなのが、毛穴のブツブツですね。

これって、セルフ脱毛で解決したいのにますますひどくなっているのでは?

なんて思ってしまいます。

ここでは、脇の毛が目立ってしまう主な原因と、セルフ脱毛をするとブツブツになる理由を考えます。

さらに、肌質にも関係があるのかについても考察します。

そして、脇の毛穴のブツブツはセルフケアでつるつるにする方法についても考えてみます。

難しい、脇の毛穴のブツブツの解決方法ですが、セルフケアでもつるつるにする方法があるんですよ。

脇の毛穴が目立つ主な原因

多くの女性(女子)が10代前半から半ばくらいからセルフ脱毛を始めていることでしょう。

そのときは、カミソリや毛抜きが主なアイテムですよね。

ただし、何の知識もないままでセルフ脱毛をしてしまう人が多いんですよ。

そうなると、何も考えずにカミソリでえいやっとやってしまったり、毛抜きで力まかせに引っこ抜いてしまうんです。

そうすることで、埋没毛が出きたり、そしていやなぶつぶつができたりするんですね。

生まれながらに体毛が生えない体質の人もいるでしょう。

それって、もともと毛深いのがご先祖様だとしたら、体毛が生えないのは究極の進化形かもしれません。

すごくうらやましいです。

って、うらやましがっても自分の脇の毛穴のブツブツは解決しないんですけどね。

話しがずいぶん脱線しましたけど…

脇毛の脱毛を意識するのって思春期に入ってからが多いと思います。

そして、その頃って脱毛の知識がないので、自分でカミソリとか毛抜きで、勢いにまかせて処理してしまうんです。

それがいけないんですね。

毛の生えてる向きとか、考えないで脱毛するから毛穴のブツブツができるんですよ。

セルフ脱毛でブツブツになる理由

事故処理でブツブツになるのはなぜなのか…

ボディソープや石鹸で剃らない

まず、これを考えてみましょう。

特にカミソリを使ったセルフ脱毛って、お風呂に入ったついでにボディソープや石鹸などを使ってシェービングする人が多いですよね。

カミソリでシェービングするときってどうしてますか?

たいていの人は、シェービングジェルやシェービングクリームを使ってると思うんです。

理由は肌を守ってくれるからですよね。

そういうふうにシェービングジェルやシェービングクリームはできてるんです。

いっぽうのボディソープや石鹸は皮膚の油分を洗い流す働きがあります。

これって、同じようなのですけど、シェービングには向いてないんですよ。

家にボディソープは必ずあるので、ついつい使ってしまいがちですよね。

シェービングジェルやシェービングクリームって、肌にぴったりとくっついて多少の水分がついても流れません。

これは、シェービングの時の摩擦から肌を守ってくれるからなんです。

今では、保湿成分がたっぷり含んだシェービングジェルやシェービングクリームが数多く登場しています。

それによって、肌の仕上がりがなめらかになるというメリットがあるんですね。

セルフ脱毛でブツブツにならないために

新しいカミソリをつかう

カミソリの刃が古いと、切れ味が悪くなるので、肌を傷めてしまうんです。

無理に力がはいりますからね。

入浴時に脇毛を処理しない

入浴時って、肌がふやけている状態なので肌が傷つきやすいとされてるんですよ。

特に、入浴中にかみそりで強く剃ってしまうのは、角質も削ってしまうのでNGなんです。

逆剃り厳禁

シェービングする時の理想の向きってあるんですよ。

それは毛の流れに沿って剃るんです。

仕上がりの良さから、毛の流れに逆らって逆剃りをする人が多いんですけどこれもNGです。

毛が生えている向きに逆らって剃るので、毛穴を剃りあげる形になっちゃうんです。

そうすると毛穴の負担が大きくなりますからね。

元々の肌質にも関係がある?

皮脂の過剰分泌

脇の毛穴のブツブツなんかは元々肌質に問題がある場合もありますからね。

皮脂が多く分泌される主な原因に「インナードライ」と呼ばれる乾燥肌があげられるんです。

インナードライって、その名の通り乾燥している肌のことですよね。

肌の水分が少ないので、皮脂が過剰に分泌されてしまう状態の肌なんですよ。

自分の肌質がインナードライだと見分けるのは難しいと思います。

肌に油が浮くのはインナードライの特徴なんですけど、脂性肌も同じような特徴があるからです。

もし脂性肌ケアをしていて肌質が改善されないのでしたら、インナードライを疑ったほうがいいでしょう。
 
インナードライの原因なんですがm「洗顔のし過ぎ」「化粧品の添加物」「冷房の当たりすぎ」などがあるんです。

「もしかして渡しもインナードライかも?」なんて思ったら、一度石鹸洗顔をやめてみて、乳液やアルコール入りの化粧水を使ってみるのもいいでしょう。

代わりに保水性の高い化粧水を使って、油分をカットすることを意識したケアがポイントになります。

肌が整うまでは、ファンデーションもリキッドの使用は控えたほうがいいですよ。

脇に毛穴のブツブツはセルフケアでつるつる

カミソリでブツブツに…

これって誰もが通る道じゃないですか?

カミソリって便利ですからね。

カミソリは皮膚の表面に出ている毛を処理するだけなので、皮膚の中に毛根が残ってしまってます。

それが黒いブツブツの原因になるんですよ。

何度も同じ処理することで、黒ずんでしまったりと色素沈着のおそれがあるんです。

傷口から雑菌が入って、それがブツブツの原因になることもあります。

正しいセルフケア方法

正しいセルフケアをカミソリで考えてみます。

まず、肌は清潔にしてから処理をすることが大切です。

蒸しタオルで温めて毛穴を開いてから剃りましょう。

このとき、ボディソープは使いません。

専用のシェービングフォームワセリンを使うようにしましょう。

セルフ脱毛後はクールダウンをして毛穴を引き締めますい。

そしてしっかりと保湿ですよ。

カミソリの手入れは忘れないでください。

しっかり乾燥させておきます。

繰り返す背中のニキビやブツブツは今や手放せないヒートテックが原因だった!

寒い季節がやってくると手放せなくなる“ヒートテック”は、薄着でも暖かい体温を維持してくれます。
体から出る水分を利用して熱エネルギーに変える仕組みで、寒い環境でも効率的に体を温めることができるインナーの一種です。

しかし、近年ではヒートテックが原因で背中ニキビやブツブツができてしまう可能性があると言われており、肌荒れを気にする女性たちにとっては見逃せない話題となっています。
ヒートテックは水分を利用して熱を生み出す仕組みなので、通気性があまり良くありません。
そのため、水分や熱が衣類の内側にこもってしまい、背中全体が蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。
汗や雑菌が毛穴に入り込むことで、背中ニキビができてしまいます。
一日の終わりにきちんと汚れを洗い流すように気を付けていても、背中が蒸れた状態で長時間過ごすことになると、やはりニキビができやすくなってしまうでしょう。

とはいえ、ヒートテックは薄くてとても便利な防寒着です。
毎日ヒートテックばかりを着ることのないように注意すれば、冬の間も背中ニキビを増やすことなく過ごせるのではないでしょうか。

ヒートテック素材の下着や衣類とは?

ヒートテック素材のインナーが普及し、現在では下着などもさまざまなメーカーから販売されています。
そもそもヒートテック素材とは、レーヨン素材の吸湿発熱効果、アクリル素材による高い保湿性、ポリエステル素材による速乾性のそれぞれの特性を効果的に組み合わせたものです。
具体的には、アクリル41パーセント、ポリエステル34パーセント、レーヨン22パーセント、ポリウレタン3パーセントという素材割合で作られているようです。
ヒートテック素材は“吸湿発熱線維”とも言われており、人体から発生する水分を吸着することによって熱エネルギーを生み出し、ヒートテック特融の暖かさを実現しています。

ヒートテックは、化学繊維を素材として起用しているため、肌の弱い人が頻繁に着用すると肌荒れを起こす可能性があると言われています。
通気性の悪さで肌が蒸れてしまったり、静電気を帯電しやすくなるので肌に刺激を与えてしまうことにつながるようです。
メーカーによってはヒートテック素材に使用されている素材の割合が違い、アクリル繊維を含まないヒートテックや、天然素材にこだわったあたたかインナーも発売されています。


背中ニキビをつくらないためには素材に注意

背中ニキビをつくらないためには、インナーの素材に注意しましょう。
特にヒートテック素材は化学繊維がもとになっているため、敏感肌・乾燥肌の人が頻繁に着用していると、どうしても肌荒れを起こしがちになってしまいます。
健康な肌の人でも、ヒートテックの着用によって肌の状態が悪くなってしまう可能性があるため、着用する頻度には気を付けたいですね。

背中ニキビをつくらない、肌にやさしい素材は、天然繊維でつくられた「綿」や「ウール」です。
綿やウール主体の素材でできているインナーなら、頻繁に着用しても背中ニキビを発生させてしまう恐れがありません。
ヒートテック素材ではなくても十分に暖かさを感じられるものも多いので、自分の肌に合ったインナーを探してみましょう。

また、すでに背中ニキビが増えてしまって悩んでいる人は、「アットベリー」のような背中ニキビ、ニキビ跡専用のケアアイテムを使用してみると良いでしょう。
アットベリーには、肌の調子を整えてニキビを防ぐ成分のほかに、保湿成分や美容成分がたっぷり含まれています。
冬の間の乾燥とヒートテックの刺激から肌を守ることで、ニキビのない綺麗な背中を取り戻すことができるでしょう。
アットベリーは全身に使用できるので、背中以外にも気になる部分の肌荒れ対策ができます。

男性にも多い二の腕のブツブツは毎日のケアが大事

二の腕のブツブツは、男性でもできてしまうことがあります。
ニキビのようなブツブツが二の腕の肌に沢山できていると、半袖やノースリーブを着るときに気になってしまいますよね。
ブツブツが赤みを帯びていたり、黒ずんでいたりすると、二の腕全体に色むらができているように見えてしまうこともあります。
では、二の腕のブツブツを解消するためには、どのようなケアを行うと良いのでしょうか?

肌のトラブルを解消するために効果的なのは「保湿ケア」です。
二の腕にブツブツができてしまう理由は人それぞれ違いますが、保湿ケアを毎日続けていくことで、肌を健康な状態へ導くことができます。
特に乾燥しがちな秋~冬の季節や、クーラーの風に当たることが多い夏には、肌が乾燥しがちになり肌荒れが治りにくいです。
毎日の保湿ケアで肌がうるおった状態を保ち続ければ、少しずつ肌荒れが改善されていくでしょう。
また、肌のブツブツや黒ずみをケアするための専用クリーム・ジェル・ボディーソープなどが売られています。
保湿ケアと美肌ケアの両方の効果を兼ね備えたオールインワンな商品もあるため、毎日のケアを続けやすいアイテムを取り入れてみても良いかもしれません。

ブツブツの正体

男性の二の腕にもできることがあるブツブツの正体は、毛穴に詰まった汚れや、古い角質が蓄積してできたものである可能性が高いです。
通常、肌は一定の周期で「ターンオーバー」を繰り返しており、古い肌細胞が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わります。
しかし、ストレスや紫外線ダメージ、ホルモンバランス、加齢などの影響でターンオーバーのサイクルに乱れが生じ、古い角質や汚れが剥がれ落ちず蓄積してしまうことがあります。
特に毛穴周辺に汚れが溜まりやすく、その部分に厚みができて盛り上がることで、ブツブツ・ザラザラした肌になってしまいます。
ニキビと違って細菌が繁殖していたり、炎症を起こしていたりするわけではありませんが、ブツブツが赤みを帯びている場合もあります。

また、衣類の摩擦や紫外線ダメージ、体を強く擦りすぎたりした場合に、肌が大きなダメージを受けてしまった可能性があります。
ダメージを受けたことで「メラニン」の生成が活発になり、それが肌に沈着することで、シミのような黒いブツブツができてしまうことがあります。
肌が乾燥していると外部からの刺激に敏感な状態になるため、乾燥肌の人はダメージを受けやすいです。

男性でも毎日ケアすることが大切


二の腕のブツブツは、男性でも悩んでいる人が多いです。
古い角質や汚れが肌に溜まっている場合も、メラニンの沈着によって肌が黒ずんでいる場合も、まずは「ターンオーバー」のサイクルを正常に戻すことから始めていきましょう。
ターンオーバーが正常に行われるようになれば、古い角質やメラニンが沈着した肌細胞が剥がれ落ち、新しい綺麗な肌に生まれ変わります。
ターンオーバーを何度も繰り返すうちに二の腕のブツブツが少しずつ目立たなくなり、綺麗な肌を取り戻せるでしょう。

ターンオーバーを正常化させるためには、毎日の保湿ケアが大切になります。
できれば肌の奥深くまでしっかり保湿成分が浸透して、肌の内側にうるおいを閉じ込められるようなケアがしたいですね。
二の腕のブツブツをケアするときのクリームや化粧品に悩んだら、「アットベリー」がおすすめです。
肌のくすみやブツブツをケアするための専用ジェルとして開発され、効果的な美肌ケアと保湿ケアを可能にしています。
アットベリー独自の「トリプルサンド方式」で、ナノ化された成分が肌の奥へ奥へ高浸透し、保湿成分が肌をバリアして刺激から守ります。
高分子成分で肌表面の外からも集中ケアできるため、ブツブツを効率的に改善していけるのです。

お金をかけずにブツブツ・ザラザラ肌をきれいにする方秘はある?

巷には高価な美白化粧品がたくさんあり、毎年のように新しい商品が発売されています。

しかし、主婦が美容に費やせるお金はそれほど多くはなく、できるだけお金をかけずに美白ケアがしたいものです。

美容にお金をかけるべき年代ですが、家族のために使うのが優先になってしまうのは、主婦ならだれでも同じことではないでしょうか?

ですから、できるだけお金をかけずに効果の高い美白化粧品を使いたいのです。

プチプラコスメと言えば、ドラッグストアやショッピングモールのコスメコーナーに並んでいますよね。

たくさんの商品があり、見ているだけで楽しいものです。

その中には、1000円以下で美白を謳ったコスメがあり、高いものとは効果が違うと思いながらも気になります。

大手の化粧品メーカーから発売されている美白化粧品は、5000円前後の価格帯が多くやはり特別な成分が入っているような気がします。

確かに、独自開発の美白成分を配合しているものが多いのですが、その価格の多くは広告費なのです。

CMやポスターなどに有名女優やモデルを使い、パンフレットや試供品などたくさんの広告費が必要なのです。

ですから、私たちがつい考えがちな「値段が高いものは効果も高い」と言うのは、必ずじも正しくはないのかもしれません。

全く宣伝をしていない優秀なコスメもあるのではないでしょうか?

以前はちふれがそのような宣伝をしないことでコストを抑えるコスメと言われていましたが、最近はCMもやっていますよね?

大手との化粧品メーカーほどの宣伝はしていませんが・・・

このちふれ、昔は「おばさんくさい」「効果がなさそう」そんないイメージがり、敬遠していたのですが最近はそのコスパの良さにはまってしまいました。

美白や美容様々な効果を選択でき、しかも肌に優しので安心です。

化粧水や美容液はたっぷり使うことで十分に効果を感じることができますし、思い切って試して良かったです。

酒粕でシミもブツブツも消える!

酒粕

60代の義父の頬には大きな茶色いシミがありました。

年齢的にもシミができても仕方がないのですが、テレビで酒粕が良いと聞き試してみたそうです。

毎日適量をみそ汁に入れて飲み、数か月で何もなかったかのように大きなシミが消えたのです!

酒粕以外に何もしていないそうなので、家族全員驚いています。

それではなぜ酒粕でシミが消えたのでしょう?

以前テレビでその効果が紹介され、一時期大ブームになりましたが、その使い方は食べるのではなくパックする方法。

美白、美容成分がたっぷり含まれた酒粕をパックすることで、シミやシワの改善と予防ができるそうです。

パックでも効果があるのですから、直接体内に入れられるように食べることで、より良い効果が出るのかもしれません。

酒粕には、酵母がたくさん含まれ腸内環境を整え、血流を改善する働きもあります。

最近ブームの甘酒も芸能人の間で大人気のようで、やはり酵母は美肌維持するために欠かせないもののようです。

肌のターンオーバーを正常に戻す効果や、メラノサイトの働きを抑える効果があるため、できてしまった大きなシミにも効果が出たのかもしれません。

ただ、酒粕は過剰摂取すると健康を害する可能性があるそうなので、適量を続けることがよさそうです。

私は、酒粕の香りがとても苦手なので残念ながら取り入れることができませんが、もし興味がある方はお試しください。

長年の悩みだった大きなシミが消えるなんて夢のようですが、お金をかけずにしかも健康維持にも役立つので、最高の美白ケアではないでしょうか?